NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

20150125 大寒の散歩道:八ヶ岳で宝探し(ミドリシジミの越冬卵)

DIARY Vol.10 (643): #05, 2015 :

大寒の候。
日曜日は朝から快晴。

一年で最も寒いこの時期(大寒)にはなかなか「蝶」の成虫にはお目通りすることができません。そこで、本日は八ヶ岳の高原でミドリシジミの越冬卵でも探してみることにしました。虫林はゼフィルス(ミドリシジミの仲間)の越冬卵探しがさして得意というわけではありませんが(むしろ根性が無くて飽きっぽいので苦手)、なんとなく「冬の宝もの探し」のようで楽しいものです。とかく家に閉じこもりがちなこの季節には、Treasure Hunter になってフィールドを歩いてみるだけでも良いかなと思います。



ハンノキ林の小川

ミドリシジミのポイントは八ヶ岳高原の湿地の周りのハンノキ林

暖かい季節に湿地帯を歩くとズブズブと足を取られて歩きにくいものだが、寒いこの時期には地面が凍っているので楽に歩ける。表面だけが凍っているので歩くたびにバキバキと音がするのがまた面白い。この湿地帯とハンノキ林の境界に綺麗な小川が流れていた。

d0090322_20183084.jpg
---- 林の中を流れる綺麗な小川-Small Stream

-----(Hokuto-shi, Yamanashi, Jan/25/2015、Olympus Pen EP-5, EF14-42mm F3.5-5.6 + Panasonic DMW GWC1 )



川面を飛ぶフユユスリカ

小川に沿って歩いていくと沢山のフユユスリカが飛んでいた。

ユスリカの仲間は日本に2000種もいるというのだから驚きだ。成虫の寿命は長くても1-数日ぐらいなので、羽化するとすぐに交尾し、産卵後まもなく死んでしまう。また、口器が無く消化器も退化して食事を摂る事ができないので、普通の蚊のように動物の血を吸ったりしない。安心といえば安心だが、ユスリカを抗原としたアレルギー性鼻炎や「ユスリカ喘息」と呼ばれる呼吸器疾患が知られているWikipedia, ユスリカ)。

地面が凍るこの時期に飛び回るなんて------。

d0090322_2019190.jpg
---- フユユスリカ- Winter Chironomid

-----(Hokuto-shi, Yamanashi, Jan/25/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD60mm f2.8 Macro ED MSC)



ミドリシジミの越冬卵をみつけた

ハンノキの樹幹にお目当ての宝物(越冬卵)を見つけた。
ミドリシジミのものにちがいない。

d0090322_20192792.jpg
---- 小川の縁のハンノキにミドリシジミの越冬卵-Overwintering Eggs of the Green Hairstreak

-----(Hokuto-shi, Yamanashi, Jan/25/2015、Olympus Pen EP-5, EF14-42mm F3.5-5.6 + Panasonic DMW GWC1 )


越冬卵をTG-3の顕微鏡モード+深度合成で撮影した(下の写真の上)。
越冬卵を強調するために強めのLEDライト(手持ち)を補助光として用いている。

TG-3の深度合成機能は顕微鏡モードでの超拡大時に被写体の焦点深度を増すために用いるのが一般的。でも、TG-3にフィッシュアイコンバーター(TG1)を付けてほどほどの拡大の顕微鏡モード+深度合成で撮影すると背景も明瞭に映し出すことができる(パンフォーカスになる)ことがわかった。魚露目も同様の効果があるが、フィッシュアイ(デフォルメ)効果が強すぎるので(それが良いともいえるのだが)、最近はもっぱらこちらを使用することが多くなってきている。でも、動きのあるものには不可(風があるときはNG)でやっぱり画質がね-----。

d0090322_2020090.jpg
d0090322_20211857.jpg
---- ミドリシジミの越冬卵- Overwintering Eggs of the Green Hairstreak

-----(Hokuto-shi, Yamanashi, Jan/25/2015、Olympus Stylus TG-3 Tough with FCON TG1, E-M1, MZD60mm f2.8 Macro)



クロナガオサムシとアオゴミムシ

林の中の古い切り株を崩してみると、中からクロナガオサムシがでてきた。

八ヶ岳のクロナガオサにはヤツクロナガオサムシというのも知られているが、こちらはホソクロナガの亜種だ。今回のオサムシはただのクロナガオサムシで良いと思うが-----。オサムシは同定が難しくていつも困るな。

d0090322_2022103.jpg
---- クロナガオサムシ- Carabus procerulus

-----(Hokuto-shi, Yamanashi, Jan/25/2015、Olympus Pen EP-5, EF14-42mm F3.5-5.6 + Panasonic DMW GWC1)



切り株からは集団越冬するアオゴミムシも出てきた。
金緑色に輝く美しいゴミムシだ。

d0090322_20222811.jpg
---- アオゴミムジ-Chlaenius pallipes

-----(Hokuto-shi, Yamanashi, Jan/25/2015、Olympus Pen EP-5, EF14-42mm F3.5-5.6 + Panasonic DMW GWC1)



モズのはやにえ(速贄)

d0090322_20224519.jpg
---- モズのはやにえ-Butcher-bird Prey impaled on twigs

-----(Hokuto-shi, Yamanashi, Jan/25/2015、Olympus Pen EP-5, EF14-42mm F3.5-5.6 + Panasonic DMW GWC1)



Note

大寒の時期なのだが本日は比較的暖かかった。八ヶ岳の高原を散歩したが、ここは雪が降るとアプローチできなくなる場所なので、今週あたりがリミットかなと思う。というのも僕の車は4輪駆動だがノーマルタイヤだからね。まだまだ寒い日が続くけど、確実に日が長くなってきているのが実感できるようになってきた。

あと1か月ほどで春が来る。
春が来る前にオリンパスの新しいレンズ40-150mm Proを試してみたいな。

By 虫林花山



by tyu-rinkazan | 2015-01-25 20:31 | ▣ミドリシジミ | Comments(6)

20150118 クヌギ林の散歩道:クロミドリシジミとウラミスジシジミの越冬卵ほか

DIARY Vol.10 (642): #04, 2015 :


梅の花

甲府市街地の向こうに富士山が見渡せる丘にて。

南斜面に作られた梅林に立ち寄ってみた。
開花には少し早いかなと思ったが、すでに数輪の花がほころんでいるのを確認。
冬枯れたこの時期に見る梅の花。
とても清楚で、とても可憐-----ウーム、言葉にできない。

まだまだ寒いけど、季節の歩みは日一日としっかりと進んでいるのが実感できた。
レイジーな僕もそろそろ冬眠から覚めなくては------。

d0090322_20201651.jpg
---- 梅の花がほころんだ- Japanese Apricot Blossom

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Canon EOS 70D, EF24-70mm F4/L IS USM)



冬のクヌギ林

この林の主は「台場クヌギ」。

台場クヌギとは、昔、炭焼きのために枝を落とされ樹幹が著しく肥大して異様な形になってしまったクヌギのことをいう。つまり里山にすむ人の生活との密接な関係をこの樹幹があらわしているといってよい。現地の人は台場クヌギのことを親しみを込めて「おやじ」とよんでいる。虫林が山梨県に赴任したのはかれこれ20年以上も前になるが、赴任してまもなく訪れた里山でこの台場クヌギを見た。苔むしてそびえる台場クヌギの圧倒的な存在感威圧感に感激したものだ。

こんな里山の林に身をおくだけで気持ちが安らぐ。

d0090322_209262.jpg
---- 葉を落とした冬のクヌギ林- Winter Grove of Sawtooth Oak

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Canon EOS 70D, EF8-15mm Fisheye F4/L USM)



拡張工事された道路の横で伐採作業が行われていた。

お休みにも関わらずちょうど作業している方とお会いしたので聞いてみたところ、この伐採の依頼主は林の更新を考えていないとのことだった。つまり、伐採後に新しい林をつくることは想定していないということを意味している。これでまた、豊かな台場クヌギの林の一部がなくなった。

開発と保護破壊と保全利便と不便----すべて相反。

d0090322_2092345.jpg
---- 伐採地- Logging Place

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Canon EOS 70D, EF8-15mm Fisheye F4/L USM)



伐採枝の越冬卵

伐採されたクヌギの太い枝先に越冬卵を見つけた。
クヌギ林の住人(住蝶)であるクロミドリシジミのものに違いない。

d0090322_20104277.jpg
---- クロミドリシジミの越冬卵- An Overwintering Egg of Copper Hairsteak

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Canon EOS 70D, EF8-15mm F4/L Fisheye, Olympus Stylus TG-3 Tough)



コナラの枝の越冬卵

コナラの木(伐採木ではない)から出ている小枝でも越冬卵が見つかった。
大きさ、形、部位からするとウラミスジシジミかな。

d0090322_2011529.jpg
---- ウラミスジシジミの越冬卵- An Overwintering Egg of Alphabetical Hairstreak

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Canon EOS 70D, EF8-15mm F4/L Fisheye, Olympus Stylus TG-3 Tough)



特徴的な形態の越冬卵はミズイロオナガシジミだ。

d0090322_20123093.jpg
---- ミズイロオナガシジミの越冬卵- An Overwintering Egg of Black- banded Hairstreak

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD60mm Macro)



ゴマダラチョウの越冬幼虫

エノキの根元の枯葉を少しめくってみると、ゴマダラチョウの幼虫を見つけた。

d0090322_2012849.jpg
---- ゴマダラチョウの越冬幼虫- An Overwintering Caterpillar of Japanese Circe

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Canon EOS 70D, EF8-15mm F4/L Fisheye)



コミミズクの幼虫

d0090322_20125573.jpg
---- コミミズクの幼虫-Ledropsis discolor

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Olympus OM-D E-M1, M.ZD60mm Macro)



ウバタマムシ

大きなウバタマムシがコナラの枝の分岐部に逆さまに静止していた。
ウバタマムシは地味系の色合いのタマムシ。
だが、このタマムシは大きさに加えてどこか彫刻的な美があるように思う。

d0090322_20131234.jpg
---- ウバタマムシ- Chalcophora japonica

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/18/2015、Canon EOS 70D, EF8-15mm F4/L Fisheye)



Note

土曜日は久しぶりでセンター試験の監督を朝から夕方まで務めたが、幸いにして大きな失敗も無く終わったのでほっとした。日曜日は天気も良く、やっとフリーになったのでフィールドに出ることができた。やはりフィールドを散歩すると心も体も癒されますね。

やっと梅の花がほころんでもまだまだ寒い日が続いています。
でも、寒くなればなるほど春の訪れが待ち遠しいものですね。

By 虫林花山



by tyu-rinkazan | 2015-01-18 20:27 | ▣クロミドリシジミ | Comments(6)

20150110 川沿いの散歩道:枯葉揺りかごで越冬するミスジチョウの幼虫たち

DIARY vol.10 (641): #03, 2015 :

甲府市街地と巻雲 

朝、甲府市の上空に見事な巻雲(すじ雲)がでた。
この雲はまるで南アルプス(甲斐駒)から湧き出て伸びたようにも見える。

d0090322_19585759.jpg
---- 甲府の空に広がる巻雲- Cirrus Cloud in Kofu city

-------(Kofu, Yamanashi, Jan/10/2015、Olympus Stylus TG-3 Tough)



カエデの揺りかごで越冬するミスジチョウの幼虫

川沿いの道の脇にカエデの木を見つけた。
カエデの木に残る枯葉にはミスジチョウの幼虫が越冬する。
枯葉が幼虫たちの「揺りかご」になるのだ。

d0090322_2021932.jpg
---- ミスジチョウの幼虫が越冬するカエデの枯葉- A dry leaf with a caterpillar of the Sailer

-------(Fujikawaguchiko-cho, Yamanashi, Jan/10/2015、Canon EOS 6D, EF100mm Macro)


幼虫はカエデと同じ色の茶色で、葉の裏側についていた。
さっそく、TG-3の顕微鏡モードと深度合成機能を使用して撮影。
こんな深い深度の写真が手撮りで撮影できるのが嬉しい。

でも、色のりや深み、色調はコンデジよりも一眼(レフ)が好ましい。

d0090322_2024131.jpg
d0090322_203155.jpg
---- 越冬するミスジチョウの幼虫- An Overwintering Caterpillar of the Sailer

----(Fujikawaguchiko-cho, Yamanashi, Jan/10/2015、Canon EOS 6D, EF100mm Macro, Olympus Stylus TG-3 Tough)


同じ木で3頭もの幼虫を見つけた。
下の写真の葉はかなり小さい。
こんな葉でも冬を越すことができるのだろうか。

d0090322_2062160.jpg
d0090322_2064516.jpg
---- 越冬するミスジチョウの幼虫- An Overwintering Caterpillar of the Sailer

----(Fujikawaguchiko-cho, Yamanashi, Jan/10/2015、Canon EOS 6D, EF100mm Macro, Olympus Stylus TG-3 Tough)


Note

今年はなかなか見つけられずにいたミスジチョウの越冬幼虫の方も何とか見つけることができてほっとしている。ミスジチョウの越冬幼虫は1本のカエデで3頭発見した。幼虫の越冬場所は目線と同じくらいなのですこぶる観察しやすい。今年はミスジチョウの幼虫をモニタリングしてみたいな思う。

d0090322_20101688.jpg
Winter Color(ウバユリ)


By 虫林花山



by tyu-rinkazan | 2015-01-11 20:14 | ▣ミスジチョウ | Comments(12)

20150103 今年初の散歩道:柚子の葉裏で越冬するウラギンシジミ

DIARY vol.10 (640): #02, 2015 :

年初めのお正月は映画「男はつらいよシリーズ」を一挙放映してほしいと毎年思っている。
お正月はやっぱり寅さんだよね----ダメか。

そんな時、NHKスペシャル「Hotspots 最後の楽園 Season2 謎の類人猿の王国」の再放送を見た。番組では大きな肺魚を食べる怪鳥ハシビロコウやゴリラやチンパンジーなどの社会生活を見事にとらえていた。みるほどに驚きの連続だった。英国BBCなどからの流用ではなく、NHK独自の取材でこれだけクオリティが高い自然番組を作れるようになったのだ。不肖虫林も日本のナチュラリストのはしくれとして嬉しい限りです。ウーム、それにしても番組キャスターで取材に同行している俳優・歌手の福山雅治さんが何とも羨ましいな。

-------------------------------------------------------------------------------------------


柚子の葉裏で越冬するウラギンシジミを見つけた

年末から続いている過食と運動不足で体が重い-----このままでは牛になってしまう。
そこで、カメラを片手に「初フィールド散歩」に出ることにした。

道路脇の斜面に大きなユズの木が数本あった。
何気なく目をやると下枝に白く輝く蝶の姿。
越冬しているウラギンシジミだ。
翅先が尖らず夏型のような形なのが違和感がある(こういうこともあるらしい)。

それにしても、一目で見て取れてしまうほどの場所で越冬するなんて大丈夫?
他人ごとならぬ他蝶ごとながら心配してしまう。

d0090322_17453047.jpg
d0090322_17473528.jpg
---- 越冬するウラギンシジミ- Toothed Sunbeam

----(Kofu-shi, Yamanashi, Jan/03/2015、Canon EOS 6D, EF24-70mm/ Olympus OMD EM-1 M.ZD60mm Macro)


葉裏に逆さまになって越冬するウラギンシジミを超近接撮影。
拡大してみると前脚2本を折り畳み、中脚と後脚の4本で体を支えている。
このためかどうかわからないが、シジミチョウにしては足が異常に太い。

まさか足先で葉脈を必死でつかんでいるわけではないだろう。
多分、足裏に体を固定するような特別な構造(鍵爪?)があると考えるのが普通だね。
この蝶の足裏構造を何とか見てみたいと思う。
その構造を付けた人間用の靴を作って、僕もどこかにぶら下がってみたいと思う。

とわいえ、寝る虫(子?)を起こすような無粋なことは止めておこう。

d0090322_1748029.jpg
---- 越冬するウラギンシジミ- Toothed Sunbeam

----(Kofu-shi, Yamanashi, Jan/03/2015、Olympus Stylus Tough TG-3)



小さなカモノハシ(コミミズクの幼虫)を見つけた

コナラの小枝に1cmほどの扁平な隆起を発見------よく見ると虫。
確認するために枝を掴むと、目が覚めておもむろに歩き始めた。
その姿は小さなカモノハシに似ているかな。

この虫は“コミミズクの越冬幼虫”だ。

フクロウの仲間にコミミズクという名前の冬鳥がいるが、こちらは虫(カメムシ目ミミズク科)のコミミズク。鳥のミミズクの漢字名は「木菟」で、虫の方は「耳蝉」でミミズクと読ませる。つまり「木にいるウサギ」は鳥のミミズクで、「耳のあるセミ」が虫のミミズクなのだ。

コミミズクの越冬幼虫には耳は無いので「小耳無蝉」かな。

d0090322_17483681.jpg
d0090322_1748594.jpg
---- コミミズクの幼虫- Ledropsis discolor

----(Kofu-shi, Yamanashi, Jan/03/2015、Olympus Stylus Tough TG-3)



日光浴するテングチョウを見つけた

1月なのに日光浴するテングチョウを見つけた。

そういえば、昨年はテングチョウ(ヒオドシチョウも)が大発生した。どこに行ってもテングチョウが群れていたし、道路にも死骸が沢山あった。このテングチョウの大発生は全国的なものかと思ったが、あまり他の地域では聞かなかったので局所的な大発生だったように思う。その名残なのか、冬になってもテングチョウの姿が目につくのかもしれない。

d0090322_17492737.jpg
---- 日光浴するテングチョウ- European Beak

----(Kofu-shi, Yamanashi, Jan/03/2015、Olympus OMD EM-1 M.ZD60mm Macro)



柿木の枝のメジロ

残り柿にたくさんの鳥たちが集まっていた。
メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ツグミ-----。
中でも、メジロが最も多い。

d0090322_1750144.jpg
---- メジロ- White-eyes

----(Kofu-shi, Yamanashi, Jan/03/2015、Olympus OMD EM-1 M.ZD14-150mm)



Note :

今年はブログ開設10周年目になる。「移り気で堪え性が無く」、「飽きっぽくてレイジーな性格」の虫林にしては良く続いたものだ。まあ、僕のフィールド散歩のアーカイブスといえるだろう。10年目といっても何か特別なことをするわけではなく、これまで通りウィークエンドに散歩して、撮影した昆虫、花、自然の拙写真をブログに載せていくスタンスは変わりません。

今年も拙ブログにお付き合いいただければ幸いです。

By 虫林花山



by tyu-rinkazan | 2015-01-04 17:53 | ▣ウラギンシジミ | Comments(12)