NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

20150626 梅雨入りのみちのく散歩道:陸中にチョウアカとキマルリを探して

DIARY Vol.10 (669): #31, 2015 :  

みちのく岩手で夢の途中。

陸中はNHKの連ドラ「あまちゃん」の舞台になっている。そこは隔絶された土地でチョウセンアカシジミ(チョウアカ)やキマダラルリツバメ(キマルリ)などの独特なチョウたちが分布する。近年は開発が進み、日本昔話に登場するような長閑な山村風景はかなり薄れてしまったのが残念だ。でも、開発によりアクセスはとても良くなったのは嬉しい。虫屋とはまことに勝手なものだ。

本日は盛岡から陸中の魅力的な蝶たちに会いに行くことにした。


チョウセンアカシジミ

川沿いに植えられたデワノトネリコの大きな葉をルッキング。
数は多くないが、何頭もの個体を見ることができた。
チョウアカはオレンジ色の紋が並ぶお洒落なチョウだね。

d0090322_21475277.jpg
d0090322_21481637.jpg
d0090322_21483496.jpg
---- チョウセンアカシジミ-The Korean Hairstreak

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 70D + EF8-15mm Fisheye, Canon 6D + EF100mm Macro)


kmkurobeさんと撮影していたら、おもむろに翅を開いてくれた。
このちょい開きの具合が控えめで良いな。

d0090322_21493918.jpg
---- 開翅するチョウセンアカシジミ-The Korean Hairstreak

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 6D + EF100mm Macro)


活動し始めると、しばしば産卵行動を見かけた。
卵をTG3で撮影してみたが、独特の形態で面白い。

d0090322_2150648.jpg
---- 産卵するチョウセンアカシジミ-The Korean Hairstreak

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 6D + EF100mm Macro)





キマダラルリツバメ

午後になってキマダラルリツバメの場所に移動した。
そこはキリやクワの古木に囲まれたオープンスペース。

陽が少し傾くと大きな木の上で何頭ものキマルリが飛び回り始めた。距離が遠いのとキマルリが小さいので、300mm望遠レンズでも証拠写真程度にしか写りませんでした。下の写真はかなりトリミングしています。陸中のキマルリは気まぐれです。

でも、今回は飛び回る「北限の陸中キマルリ」の姿を見れたので良しとしよう。

d0090322_21513844.jpg
d0090322_2152048.jpg
d0090322_21521971.jpg
---- キマダラルリツバメ-The Japanese Silverline

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 6D + EF300mm)



キンヘリタマムシ

キンヘリタマムシは陸中ではよく見かける美しいタマムシだ。
何気なく見た丸太に何頭ものキンヘリタマムシが訪れていた。

d0090322_21525723.jpg
d0090322_21531395.jpg
---- キンヘリタマムシ-Scintillatrix pretiosa bullula

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 70D + EF8-15mm Fisheye, Canon 6D + EF100mm Macro)



ミチノクケマダラカミキリ

道路脇のハンゴンソウの葉上にミチノクケマダラカミキリを見つけた。
このカミキリは北海道に棲息するケマダラカミキリの亜種になる。

d0090322_21533847.jpg
d0090322_21535989.jpg
---- ミチノクケマダラカミキリ-Agapanthia daurica sakaii

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 70D + EF8-15mm Fisheye, Canon 6D + EF100mm Macro)



??虫眼鏡ノート

今回はキマルリが下に降りてくれませんでしたので、証拠写真程度のものしか撮影できませんでした。でも、証拠写真でもキマルリの写真はやはり嬉しいものですね。陸中のキマルリは気まぐれでじゃじゃ馬、そう簡単に撮影できないところがの良いところでもあります。来年あたりは陸中キマルリの「じゃじゃ馬ならし」をしたいなと思っています。

次回はウラミスジチョウなどについて掲載します。

Written by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2015-06-30 21:54 | ▣キマダラルリツバメ | Comments(4)

20150626 梅雨入りのみちのく散歩道:アイノミドリの輝きに酔う

DIARY Vol.10 (668): #30, 2015 :

みちのく岩手県盛岡市に出張。所用を済ませた後、虫友の kmkurobeさん(安曇野の蝶と自然)山口進さん(昆虫写真家)に合流し、一緒に岩手県内のフィールドを散歩することになりました。しかし、北東北(岩手県も含む)でもいよいよ梅雨入りして、天気予報では「雨や曇りが多くて気温も低い」ようだ。気力、体力、写力と三拍子がすべて揃った無敵のナチュラリスト3人には、多少の雨や風はまったく気にもなりません。雨なんて屁のカッパです------なんて言ってみたかった。



アイノミドリシジミの輝きに言葉を失う

ゼフが多い雑木林の林縁を歩いた。
下草にアイノミドリシジミ発見。

d0090322_23265220.jpg
d0090322_2327133.jpg
---- アイノミドリシジミ-The Brilliant Hairstreak (Chrysozephyrus brillantinus)

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 6D + EF100mm Macro)


突然、アイノミドリのテリ張りが始まった。
運よく見下ろす位置で開翅する個体を発見。

クリソゼフィルスの輝きは素晴らしい。

d0090322_2328971.jpg
d0090322_2342538.jpg
d0090322_2339539.jpg
---- アイノミドリシジミ♂の開翅-The Brilliant Hairstreak (Chrysozephyrus brillantinus)

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 70D + 8-15mm Fisheye, Canon 6D + EF100mm Macro)



望遠レンズで巴卍飛翔をとらえた

d0090322_233155.jpg
d0090322_23313349.jpg
---- アイノミドリシジミの飛翔-The Brilliant Hairstreak (Chrysozephyrus brillantinus)

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 6D + EF300mm)



定番の広角レンズでの巴卍飛翔撮影

僕の場合は連射を用いない。

d0090322_23321960.jpg
d0090322_23323737.jpg
d0090322_23331286.jpg
---- アイノミドリシジミの飛翔-The Brilliant Hairstreak (Chrysozephyrus brillantinus)

-----(Iwate, 26/June/2015、Canon 6D + EF8-15mm Fisheye)



??虫眼鏡ノート

1年ぶりで岩手のフィールドを散歩することができました。生憎の天候不順でしたが、梅雨なので仕方がありません。でも、雨の時には喫茶店で雨宿りしながら交わされる経験豊富なお二人との虫トークはとても興味深くて面白かった。今回はアイノミドリを供覧しましたが、次回はチョウアカやキマルリを供覧する予定です。



Written by 虫林花山






by tyu-rinkazan | 2015-06-28 23:36 | ▣アイノミドリシジミ | Comments(8)

20150621 梅雨空の下の散歩道:黒(クロミ)+ 黒(クロツ)+ヒル

DIARY Vol.10 (667): #29, 2015 :  

梅雨の候

このところ何かと用事が入り、週末にフィールドに出ることができませんでした。動植物の活性が最も高い6月にフィールド散歩ができないのは、ウィークエンドナチュラリストを自認する虫林には耐えられません。冷や汗、動悸などの散歩中毒の禁断症状も出てくる始末です------ウソ。そこで、本日は無理やりフィールドに出ることにしました(何とも言い訳がましいね)。

天気予報は生憎の「曇り時々雨、降水確率70%」。
今回は蝶友のダンダラさん(小畔川日記と一緒なので雨も気になりません。



ハルシャギク

自然状態の河川敷をオレンジ色に染めるハルシャギクの大群落。
北米からの帰化植物だが、この光景は見事としか言いようがない。

d0090322_21402212.jpg
---- ハルシャギクの群落- Coreopsis tinctoria(Plains coreopsis)

-----(Yamanashi, 21/June/2015、Canon 6D + EF100mm Macro)



クロミドリシジミは「翅裏美人」ならぬ「翅裏美蝶」

クロミドリシジミは翅裏の赤紋が大きくて美しい。
白線も太くてはっきりしている。
尾状突起が長くて、上を向いているのもクール。

今回は、フルサイズ機(6D)を用いて撮影してみた。

d0090322_2141610.jpg
d0090322_21422559.jpg
---- クロミドリシジミ♀の翅裏-A female of the Copper Hairstreak

-----(Yamanashi, 21/June/2015、Canon 70D + EF8-12mm, Canon 6D + EF100mm Macro)



クロツバメシジミ

クロツが発生している土手に立ち寄ると、多くの個体が飛んでいた。
これまでクロツは秋の蝶と思っていた-------。

d0090322_2143576.jpg
d0090322_21435496.jpg
d0090322_21442517.jpg
d0090322_21445281.jpg
---- クロツバメシジミ-The Black Cupid

-----(Yamanashi, 21/June/2015、Canon 70D + EF8-12mm, Canon 6D + EF100mm Macro)



カミキリ


d0090322_21455394.jpg
d0090322_21461725.jpg
---- ラミーカミキリ-Paraglenea fortunei

-----(Yamanashi, 21/June/2015、Canon 6D + EF100mm Macro)

d0090322_21471084.jpg
---- ホソカミキリ-Distenia gracilis glacilis

-----(Yamanashi, 21/June/2015、Canon 6D + EF100mm Macro)



その他

d0090322_21473954.jpg
---- アワフキムシ-Froghopper

-----(Yamanashi, 21/June/2015、Canon 6D + EF100mm Macro)



??虫眼鏡ノート

本日は曇り時々小雨の中、信頼できる蝶友のダンダラさんとある場所を訪れてみました。ところが、そこはヒルが多くて、気が付くと長靴の表面をヒルが這っていました(下の写真の矢印はヒル)-----ぞっとしますね。結局、小雨の中で現地到着後、周囲を観察して早々に逃げ帰ってきた次第です。虫林は「雨にも負けず」なのですが、さすがにヒルには負けてしまいました。

d0090322_21481053.jpg


ところで、今月号の「月刊むし ゼフィルス特集号」にヒサマツミドリシジミについての報文が掲載されました(ヒサマツフリークの会著)。ヒサマツミドリは「憧れの蝶」です。そんな蝶の♀の興味ある生態が次々に解明されたことは喜ばしいことだし、虫林が住む山梨県に多く棲息していることを知ってとても嬉しく思いました。ヒサマツフリークの会の今後の観察と保護対策を期待したいと思います。


Written by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2015-06-22 21:49 | ▣クロミドリシジミ | Comments(6)

20150605 豪州ブリスベンの散歩道:ブリスベン植物園の蝶たち

DIARY Vol.10 (667): #29, 2015 :  

ブリスベンにお住まいのOさんと「ブリスベン植物園」を訪問した。
この植物園は広いがよく整備されている(整備され過ぎているかも)。


日本庭園のタテハチョウ

公園内には日本庭園もあった。
ツツジなどの花が咲き乱れ、池の周りに松も植えられていた。
「和」の雰囲気を上手に表現していて、訪れる人も多い。

小道脇の茂みに綺麗なタテハチョウを見つけた。
日本庭園だからといって日本のチョウではない。
れっきとしたオーストラリアの国籍を有するプロソペキマダラタテハだ。
プロソペの模様、色彩はデザイン的にも好みだ。

d0090322_0353746.jpg
d0090322_036072.jpg
---- プロソペキマダラタテハ-Cupha prosope

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD8mm, MZD12mm)



ガランピマダラチョウ

あまり見たことがないマダラチョウがふわふわと飛んでいた。
ガランピマダラチョウというらしい。
ここでは普通種のようで、ところどころで見かけた。

d0090322_0363257.jpg
---- ガランピマダラチョウ-Euploea core

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD12mm)



ナミエシロチョウ

この公園内では高い木の梢を何頭も飛び回っていた。

d0090322_037413.jpg
---- 飛翔するナミエシロチョウ-Appias paulina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)


Deliasかなと期待したのだが、どうやらナミエシロチョウ。
しばらく見ていると降りてきて日光浴した。

d0090322_038294.jpg
d0090322_0382012.jpg
---- ナミエシロチョウ♂(上)と♀(下)-Appias paulina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)

d0090322_0385085.jpg
---- 吸蜜するナミエシロチョウ-Appias paulina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



カザリシロチョウ

樹上にはナミエシロチョウとともに違う種類のシロチョウも見かけた。

静止すると黒いが、飛翔すると黒と白が点滅するようで綺麗だ。
このチョウはスミゾメカザリシロチョウという名前だ。
カザリシロチョウの仲間はデリアス(Delias)と呼ばれ人気が高い。

スミゾメカザリシロチョウは翅が破損しているものが多く見られた。
多分、この時期は発生器の終盤なのだろうか。

d0090322_0393488.jpg
---- 静止するスミゾメカザリシロチョウ-Delias nigrina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



カクモンシジミチョウ

東南アジアに行くとカクモンシジミを時々見かける。
今回も何気ない道路脇の草むらを飛んでいた。

このチョウのシマウマ模様は特徴的-----シマウマシジミという名前が良いかもね。

d0090322_04029.jpg
---- カクモンシジミ-Leptotes plinius

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



セセリチョウの一種

d0090322_040254.jpg
---- セセリチョウ-Wanderer

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



??虫眼鏡ノート

ラミントン国立公園は標高が高く気温も低かったので、チョウたちはとても少なかった。まあ、南半球は冬なので仕方が無い。でも、標高が低いブリスベン市内では、日中の最高気温は20℃を越えるのでそれなりチョウたちの姿を見ることができた。

オーストラリの記事はあと1回アップする予定です。


Written by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2015-06-15 00:42 | ●Australia | Comments(6)

20150605 豪州ブリスベンの散歩道:ラミントン自然公園を訪れた

DIARY Vol.10 (666): #28, 2015 :  

今回はオーストラリアのブリスベンに学会出張。

この時期の南半球は日本とは真逆で気温も低いし、現地の事情もよく分からないので「虫散歩」はかなり難しいかなと思っていた。そんな時、昆虫写真家の山口進さんからブリスベン在住のOさんをご紹介いただいた。さっそく、Oさんに連絡を取ってみると、有難いことに仕事を調整してラミントン国立公園 Lamington National Park を案内していただけるとのご返事をいただいた。ラミントン国立公園はブリスベンから南に120kmほどの距離にあり、広大な熱帯雨林(ゴンドワナ多雨林)でユネスコの世界自然遺産に登録されている「ナチュラリストのワンダーランド」。



ラミントン国立公園にて

幾重にもなだらかな起伏を見せる丘の向こうに山々が朝靄に霞んで見える。
そこには思い描いていた荒々しさはなく、穏やかで豊かな光景が目に映る。
この限りない森林はグリーンマウンテンと呼ばれている。

d0090322_22275378.jpg
d0090322_22281085.jpg
---- ラミントン国立公園-Lamington National Park

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



道端のワラビー

走る車の窓から薄茶色の動物が目に入った。
カンガルー?
「あれは小さいのでワラビーです」-----とOさん。

その後も道の脇を注意して見ていくと、何頭ものワラビーを見かけた。
野生動物なのにあまり人間を恐れない。

d0090322_2228416.jpg
---- ワラビー-Wallaby

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



Wishing Tree

レンジャーから教えられたクリークまではジャングルの中の道を進んだ。
途中、「Wishing Tree」と名付けられた巨木があった。
幹の中は大きな空洞になり、人が楽に通れるくらいだ(空洞の中はOさん)。

Wishing Treeとは「願いの木」という意味だろうか。
自然界を神格化して畏怖するのは日本人だけではないようですね。

d0090322_2229760.jpg
---- 願いの木-Wishing Tree

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD12mm)



オオカバマダラが飛んだ

気持ちが良いクリークに沿った小道を歩いた。
日差しは暖かく、吹き抜ける風も格別気持ちが良い。

突然、オレンジ色の大きな蝶が飛んでいるとOさんが教えてくれた。
駆けつけてみると、オオカバマダラだった。
葉の上で日光浴を始めたのでそっと近づいて撮影した。

d0090322_22293657.jpg
d0090322_22295773.jpg
d0090322_22301867.jpg
---- オオカバマダラ-Wanderer

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD12mm, 40-150mm)



その他の蝶

d0090322_22304462.jpg
d0090322_2231529.jpg
---- ニサカザリシロチョウ-Nysa Jesabel

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)

d0090322_22312774.jpg
---- ホソシロオビセセリ-Narrow-banded Awl

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)

d0090322_2232046.jpg
---- ミナミパールホワイト-Southern Pearl White

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



??虫眼鏡ノート

ラミントン国立公園のインフォメーションセンターには教育用としてオーストラリの蝶の標本がドイツ式標本箱で10箱ほど置いてあった。標本ダンスからそれを引き出してみると、色とりどりの蝶の中に、緑色に輝くリッチモンドトリバネアゲハが並んでいた。虫林にとって、リッチモンドトリバネアゲハは、美しさ、形態的な面白さ、希少性などの全てにおいて憧れの蝶だ。今回は冬なので出会うことはかなわないが、いつかまた訪れてリッチモンドに会ってみたいと思う。

このセンターには色々なグッズも販売されていた
「オーストラリアの蝶」という本を購入した。
とにかく、ゴンドワナ大陸のオーストラリの昆虫は面白そうだ。

d0090322_22331889.jpg



オーストラリアの記事はもう少し続きます・

Written by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2015-06-08 22:33 | ●Australia | Comments(9)