NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

20170101 第11回虫林大賞発表:みちのくのキマルリ再選

謹賀新年 :

昨年中は拙写真と駄文にお付き合いいただき真に有難うございました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



▊第11回虫林大賞 2017

<大賞>
今回の大賞作品は「みちのくのキマルリ」に決定いたしました。これまで陸中のキマルリは何度も撮影してきましたが、今回のものがこれまで撮影したものの中では最も気に入っています。ちなみにこの時の写真はFBには出しましたが、ブログの掲載はしませんでした。昨年はブログを書くのを何ヶ月もサボってしまったので、自らの反省の意味も兼ねてこの写真を虫林大賞にしました。今回の選考会では大賞の他に特別賞、甲虫部門、一般昆虫部門などの部門賞を設けてみました。

d0090322_015064.jpg
d0090322_02750.jpg
d0090322_02217.jpg
----陸中のキマダラルリツバメシジミ♂
----
(July-24-2016, Iwaizumi-cho in Iwate


<特別賞>
大賞の次点にはヒサマツミドリ♀と青いゴマシジミが入りました。ヒサマツミドリシジは初めての撮影ですし、ゴマシジミはこれまで撮影したものの中では最も美しい個体でした。いずれも友人にご案内いただいた時のものです。持つべきものは虫友ですね。

d0090322_025440.jpg
d0090322_034956.jpg
----ヒサマツミドリシジミ
----
(Oct-10-2016, Yamanashi, Canon EOS 7D M-II, EF300mm F4L IS USM)



<甲虫部門>
以前から撮影したいなと思っていた”憧れのキベリカタビロハナカミキリ”が昨年は撮影できました。この時は本種を目的に山に登りましたが、なかなか見つけることができずに休んでいた時、目の前のノリウツギの花に飛来してくれました。

d0090322_074551.jpg
----キベリカタビロハナカミキリ
----
(July-29-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF100mm F2.8L IS USM)


<一般昆虫部門>
ウマノオバチは産卵管が非常に長くフォトジェニックな昆虫の一つでしょう。昨年は近くの雑木林で多数の本種を見ることができました。撮影してみるとこの長い産卵管をいかに写真に出すことができるかが勝負になります。今年もチャレンジできるか楽しみです。

d0090322_08334.jpg
d0090322_082440.jpg
----ウマノオバチ
----
(May-8-2016, Yamanashi, Canon EOS 5D M-III, EF100mm F2.8L IS USM)

昨年はなかなかブログが更新できませんでした。虫林がブログを開始してから今年で11年目になりますが、これまで何ヶ月も更新しなかったのは初めてです。今年は是非ともしっかりと更新したいなと思っています。お付き合いいただければ幸いです。

皆様のご多幸をお祈り申し上げます



Written by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2017-01-01 00:15 | Comments(14)