NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20170805 真夏の散歩道:山里の青ゴマと黒ゴマ

DIARY Vol.11 (752): #16, 2017 :

虫仲間では、黒ゴマ(黒いゴマシジミ)よりも青ゴマ(翅表が青いゴマシジミ)が珍重されます。同じ種類なのに色彩で差別するなんて----ウーム、このご時世だとインセクトハラスメント(虫差別)で訴えられるかもしれないな。でも、青ゴマの深い青には「フェルメールの青」に通じるような何ともいえない魅力があるのも事実です(ガングロ化粧の黒ゴマはちょっとね)。ということで、今年の夏も美しい青ゴマを求めて信州の山里を訪れることにしました。


真夏の山里

青い空と白い雲
ヒマワリの花と花豆(ベニバナインゲン)の棚

真夏の太陽が照り付ける信州の山里で、流れる汗を拭きながらゴマシジミを探しました。耕作地の周りでは、クルマユリやオミナエシが咲き、キキョウの花が夏の終わりを知らせてくれる。こんな場所をのんびりと蝶を探して歩けるなんて、幸せ以外の何物でもないなと思う。

d0090322_20504615.jpg
----ヒマワリ
----
(July-30-2017, Yamanashi, Canon EOS M6, EF 8-15mm F3.5 IS STM)



ゴマシジミ

到着して畑の土手の草地を歩くと、ふらふらと飛び回るゴマシジミを見つけました。ゴマシジミは綺麗なオダマキの花に静止したので、思わず撮影しました。でも、ゴマシジミといえば、ワレモコウの花との組み合わせがやはり本命だね。

富士には月見草が良く似合う-----太宰治
ゴマにはワレモコウが良く似合う-----虫林

d0090322_20525700.jpg
d0090322_20510731.jpg
d0090322_20513738.jpg
----ゴマシジミ♂
----
(August-6,12-2017, Nagano, Canon EOS M6, EF 100mm F2.8 IS USM)


d0090322_20521130.jpg
d0090322_20524118.jpg
----ゴマシジミ♂飛翔
----
(August-6,12-2017, Nagano, Canon EOS M6, EF 8-15mm F3.5 IS STM


Nikon1 V3 + 70-300mmで撮る
ダンダラさんが親切にもNikon 1での撮影を教えてくれた。実際、撮影させていただくと小さくて性能もなかなか良さそうだ。そこで、ネットで調べてみると、アマゾンで Nikon1 V3のプレミアムキットの新品があった(Nikon1 V3は現在すでに生産終了)で、思わずポチっとしてしまい、ニッコールVR 70-300mmレンズも中野のフジヤカメラで中古を見つけて手に入れました。え~今頃Nikon1ですかといわれるかもしれませんね。次の週末、また同地を訪れて試撮影してみることにしました。


とにかく、パスト連射機能を使用してゴマの飛翔を撮影してみました。

d0090322_20540765.jpg
d0090322_20542705.jpg
d0090322_20551001.jpg
d0090322_20553774.jpg
----ゴマシジミ飛翔
----
(August-12-2017, Nagano, Nikon1 V3, Nikkor VR 70-300mm f/4.5-5.6)





Written by 虫林花山


# by tyu-rinkazan | 2017-08-21 06:54 | ▣ゴマシジミ | Comments(3)