NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

タグ:Indonesia ( 6 ) タグの人気記事

20151121 インドネシアの散歩道:ヒメカブトムシほか

DIARY Vol.10 (700): #62, 2015 :  

ジャワ島の暖かい風に吹かれて村内の道を歩いた。
歩きながら見る何気ない光景もジャワ的で良いな。

d0090322_87260.jpg
---- A Landscape of Suburban Village-- (Yogyakarta in Indonesia)

--------November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD40-150mm



ヒメカブトムシ 

道の脇の木の幹でヒメカブトムシを見つけた。
胸角が大きく伸びていてなかなか格調高い。

ヒメカブトは東南アジアに広く分布する。地域によって少しずつ形態が違って、ジャワ島産はジャワヒメカブトと呼ばれている。カブトムシといえば、ジャワ島にはアジア最大のコーカサスオオカブトムシを産する。このコーカサスオオカブトムシは「高い山の孤高の怪物」だが、このヒメカブトは庶民的な「村の虫」なのだ。

d0090322_875882.jpg
d0090322_882362.jpg
---- Xylotrupes gideon-- (Yogyakarta in Indonesia)

--------November-21/2015, Olympus Stylus TG-3 Tough, OM-D EM-1, MZD60mm Macro



ツノハナムグリの1種

人の背丈くらいの木でハナムグリをしばしば見つけた。
大きさは日本のシロテンハナムグリくらいで、前脚が異常に長い。
良く見ると頭部に小さなツノがあってクール。

d0090322_884559.jpg
d0090322_89958.jpg
d0090322_89316.jpg
------ Taeniodera sp-- (Java Island, Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro



ハンミョウ

小道を歩くと足元から「道教え」が良く飛び出す。
大きさも色合いも日本のハンミョウに似ているが、紋が異なる。

d0090322_8102161.jpg
------Cicindelidae sp-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro



トゲハムシの仲間

d0090322_8104423.jpg
-----Hispinae sp-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro



??虫眼鏡ノート

これでインドネシアのジョグジャカルタの記事を終わります。今回も自然公園まで行く時間的余裕がないので、タクシーを雇って近くの村でフィールド散歩しました(タクシーは半日で3000円くらい)。いつもの行き当たりばったりの散歩でしたが、「虫を探しながらの村散歩」は、その土地の生活を見ることができるし、時々村人との触れ合いもできるのでとても気に入っています。ジョグジャ近郊の村では、村人の「微笑み返し」が印象的でした。フィールドからは空港に直行し、「微笑み返しの国」を後にしました。

d0090322_8202573.jpg

Terima kasih Indonesia



Written by 虫林花山





by tyu-rinkazan | 2015-11-29 08:12 | ● Indonesia | Comments(4)

20151121 インドネシアの散歩道:南国の珍虫たち(シュモクバエなど)

DIARY Vol.10 (699): #61, 2015 :  

村の周囲は水田や畑が広がり、自然林はほとんど無い。
でも、川の周りの土手だけには少し林が残っていることがわかった。
そこで、あぜ道に沿って林までアプローチ。
うまい具合に林の中に細い道を見つけたので入ってみた。


夕立の前

黒い雲が突然、空の半分ほどを覆った。
遠くで雷の音までも聞こえてきた。
しばらくすると雨が降り出すはず。
ジョグジャは今、雨季の始まりなのだ。

OM-Dのアートフィルターのダイナミックトーンで撮影した。
この機能は雲の様子が驚くほど強調されるのでこんな時には良い。

d0090322_18485137.jpg
---- A Landscape of Suburban Village before raining-- (Yogyakarta in Indonesia)

--------November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD40-150mm
 


この村ではジャックフルーツの木がどこにでもある。
下の写真の木は大きな実が沢山ついていた。

d0090322_18491123.jpg
---- Jackfruit-- (Yogyakarta in Indonesia)

--------November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD40-150mm



シュモクバエ

大きな葉をみると、そこに数ミリのハエの姿。

横に伸びた触覚のような棒状の突起物(眼柄)の先に小さな丸い付属物がある----ムムム、これはシュモクバエに違いない。あわててストロボを装着して撮影したが、あちらこちらたえず動き回るので焦った。

d0090322_18493589.jpg
d0090322_1850973.jpg
------Chrysochroa fulminans fulminans -- (Java Island, Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro、Electric light FL-600R


シュモクバエは長い眼柄の先に複眼があるヘンテコリンなハエだ。

なんでこんな形態に特化したのかはわからないが、何かメリットがあるに違いない。聞くところによれば、長い眼をもつオスは、メスに選ばれる可能性が高くなるらしい。アフリカや東南アジアに広く分布するらしいが、これまで出会ったことが無かった。

ワンダフルサプライズだな。

d0090322_18502898.jpg
d0090322_18504533.jpg
------Chrysochroa fulminans fulminans -- (Java Island, Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro、Electric light FL-600R



テングスケバ

大きさ1センチほどのテングスケバを見つけた。
頭部が前方に細長く伸びていてユニークだ。

*当初、ビワハゴロモと思っていましたが、テングスケバという昆虫でした。
調べてみると、同じ仲間は日本にもいるみたいです。
ご指摘ただいたカオヤイさん、ありがとうございました。

d0090322_1851727.jpg
------Dictyophara patruelis-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro、Electric light FL-600R


この虫はセミに近い仲間らしいが、確かに翅が透明でセミによく似ている。
体は青緑の地に赤い縞模様が入っていてなかなか美しい。
面白いことに「複眼も縞模様」になっていて怪しい雰囲気も漂っているな。

d0090322_18512893.jpg
d0090322_18514578.jpg
------Dictyophara patruelis-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro、Electric light FL-600R


TG−3の顕微鏡モードで頭部を拡大してみた。
頭部を拡大するとなかなか迫力あるな。

d0090322_1852442.jpg
------Dictyophara patruelis-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus Stylus TG-3 tough



ヒョウモンカマキリ

東南アジアには広く分布するみたいだが、成虫を見るのは初めてだ。
(以前、タイでの散歩で幼虫を観察したことがある)

昆虫写真家の海野和夫さんのブログではたびたび登場し、刺激して翅を開かせて迫力ある写真を出されている。僕はカマキリなどの直翅目の昆虫の撮影は好きだが、意気地ないことに触るのはちょっと抵抗があるのだ。

d0090322_18524733.jpg
d0090322_1853474.jpg
-----Elegant mantis-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro、Electric light FL-600R



カワトンボ

翅に美しく輝く紋をもつカワトンボの仲間を見つけた。
この紋は光の加減で青色から赤紫に変化する。

d0090322_18532874.jpg
-----Mnais sp-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro



??虫眼鏡ノート

日本は寒い。ニュースによれば、東北、北海道は雪が降ったようだ。インドネシアのジャワ島から帰国してまだ2日ほどだが、蒸し暑かったジャワ島の一日が今は懐かしく思い出される。また訪れてみたいな。

短時間での散歩だったが、シュモクバエ、テングスケバ、ヒョウモンカマキリなどのフォトジェニックな珍虫を見ることができたことは嬉しかった。これらの虫は本やブログで見ていたが、実際に目にすることができるとは想定してなかった。嬉しい驚きだ。こんな虫たちをみるとジャワ島の自然力に今更ながら驚かされる。

インドネシアの記事はもう一回掲載する予定だ。


Written by 虫林花山





by tyu-rinkazan | 2015-11-23 18:53 | ■他の昆虫 | Comments(10)

20151121 インドネシアの散歩道:微笑み返しの村の蝶たちとツマアカルリタマムシ

DIARY Vol.10 (698): #60, 2015 :  

インドネシアのジュグジャカルタ(Yogyakarta、通称ジョグジャ)での国際学会に出席した。滞在中は時間的な余裕はあまりないけど、せっかく憧れのジャワ島まで来てそのまま帰るわけにはいかないよね。今回は自然公園といった場所ではなく、ジョグジャから車ですぐに行ける郊外の村の道を歩いてみた。

気温は今でも30℃に達するので、少し歩いただけで汗だくになってしまう。
でも、ムッとした重い空気感と額から流れ落ちる汗が東南アジアなんだろう。


微笑み返しの村を歩いた

村の中では幾つかの「心和む光景」をみた。

d0090322_1637577.jpg
d0090322_16381686.jpg
d0090322_16383572.jpg
---- A Landscape of Suburban Village-- (Yogyakarta in Indonesia)

--------November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD40-150mm


ジャワ島の緑色の宝石「ツマアカルリタマムシ」

川に沿った林の中を歩いていた。
突然、空から「緑色の宝石」が降りてきた。
この虫の輝きに言葉を失った。

葉の上に静止した後、すぐに飛び立ってしまった。
突然の出来事に夢中でシャッターを切った。

d0090322_16385885.jpg
d0090322_16391928.jpg
------Chrysochroa fulminans fulminans -- (Java Island, Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD60mm Macro



ホソチョウ

東南アジアに行くとよく見かけるチョウの一つだろう。
今回も花の周りをヒラヒラと弱々しく飛んでいた。

d0090322_16394310.jpg
------Acraea issoria formosana-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD40-150mm



メスアカムラサキ

これまで、東南アジア

ここではリュウキュウムラサキよりもメスアカムラサキの方を多く見かけた。
チョウの中にはオスとメスで色彩にほとんど違いが無い種類もあれば(アカタテハなど)、メス赤紫のようにまるで別種のような色彩になるものもある。

d0090322_17153873.jpg
d0090322_17155470.jpg
d0090322_17161225.jpg
-----Blenina senex-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus Stylus Tough TG-3, OM-D EM-1, MZD40-150mm



リュウキュウムラサキ

d0090322_1716322.jpg
-----Hypolimnas bolina jacintha -- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD40-150mm



美しい有尾型ナガサキアゲハの産卵

柑橘類の木で有尾型の美しいナガサキアゲハに出会った。
どうやら産卵しているようだった。

d0090322_17165137.jpg
d0090322_1717753.jpg
-----Blenina senex-- (Yogyakarta in Indonesia)

-------- November-21/2015, Olympus OM-D EM-1, MZD40-150mm



??虫眼鏡ノート

3泊4日の滞在だったので慌ただしい旅だった。インドネシアの村での散歩は自然と関わって生きている人々の様子を見ることができて興味深い。この時期のインドネシアは乾燥していて、昆虫の影がとても薄かったが、微笑み返ししてくれる村人たちを見ると「幸せの意味」を考えてしまう。ジョグジャは古い町で、世界遺産になる名所が何箇所もあるが、彼らの笑顔こそ世界遺産にしたい。

散歩後はそのままタクシーで空港に向かい帰国したが、もう少し余裕を持った旅がしたいなと思う。
ジョグジャの記事はもう少し続きます。

Written by 虫林花山





by tyu-rinkazan | 2015-11-22 17:21 | ■甲虫 | Comments(4)

20120526 バリ島の散歩道(3):べリサマカザリシロチョウ

Nature Diary 7(28):#453

午前中は高原のデリアスなどを撮影しましたが、お昼近くになって雲が出てきて曇ってしまいました。曇るととたんにチョウたちも飛ばなくなったので、とにかく高原を下りて陽が射す別な場所(全く当てはないが)を探索することにしました。

<予期せぬ光景>
日差しを求めてある村の中を走っていた時、道路脇を一頭のシロチョウがフワフワ飛んでいました。あわてて車を道の脇に止めてもらい、そのチョウを追跡しました。

チョウに導かれるように農家に通じる細い小道に入っていくと、驚いたことに、そこには20~30頭のデリアス(カザリシロチョウ)たちが、大きなネムノキ(ギンネム)の周りを乱舞していました------「予期せぬ夢のような光景」。

d0090322_2141941.jpg
.......乱舞するカザリシロチョウたち

.
.......The butterflies of Delias dancing around the tree
....... Canon 7D, Sigma 10mm Fisheye, ISO400, 外部ストロボ, Trimming



<青い自転車の少年>
乱舞するチョウたちを見ていると、青い自転車に乗った少年がやってきました。

写真を撮影しようとすると、少年は少しきどったポーズをとってはにかんだ。そのあと、無言で僕を家(写真後ろの小さな小屋)に案内し、作物?の分別作業をしていた母親や多分まだ1歳ちょっとくらいの弟を紹介してくれた(といっても言葉はバリ語でわからない)。けっして裕福ではないが、少年はとても幸せそうに見えました。

d0090322_215091.jpg
青い自転車の少年



ベリサマカザリシロチョウ; Delias belisama

乱舞していたカザリシロチョウは、午前中に高原で見たオライアと色彩がよく似ていました。でも翅表の黒い部分がより広く、翅裏の色彩も少し異なるように見えます。どうやらオライアとは別種のベリサマカザリシロチョウで間違いないでしょう。

彼らは曇ると周囲の木の葉の上で休み、陽が差すと吸蜜に訪れて、盛んに求愛行動などをしていました。曇ってチョウが飛ばなくなった時には、彼らが止まっている木の幹を足で蹴飛ばすと沢山の個体がいっぺんに飛び出して壮観でした---何度もやって足が痛くなった。

d0090322_2151678.jpg
......吸蜜するベリサマカザリシロチョウ

.
.......A male of Delias belisama feeding on the flower
....... Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400


ここには何種類もの花が咲いていましたが、彼らが好むのは圧倒的にネムノキでした。ネムノキといっても通常のピンクの花が咲く種類ではなくて、ギンネムと呼ばれる白い花がさくものです。日中は花を閉じていて、まるで傘のような面白い形です。

d0090322_217517.jpg
.......吸蜜するベリサマカザリシロチョウ

.
....... A male of Delias belisama feeding on the flower
....... Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400


ベリサマは赤いブーゲンビリアの花にも時々吸蜜に訪れました。やはりブーゲンビリアの赤い花との組み合わせは南国を感じさせてくれます。写真は翅を開いたベリサマの♀ですが、黒い部分の面積がかなり広いのがわかりますね。

d0090322_2171776.jpg
吸蜜するベリサマカザリシロチョウ

.
A female of Delias belisama
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)


かれらはしばしば求愛行動を示しました。これだけ沢山のチョウがいると、一頭の♀に数頭の♂がアタックしてきます。♀の尾端を上げた交尾拒否姿勢は万国共通のものですね。

d0090322_2172851.jpg
.......ベリサマカザリシロチョウの求愛行動

.
.......Courtship behavior of Delias belisama
....... Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)


彼らが静止するのは木の高い部分で、あまり下草や低い場所に静止してくれません。しかし、下の低い場所に止まっていた♀を見つけて広角レンズで撮影することができました。

d0090322_2175774.jpg
葉上に静止するベリサマカザリシロチョウ♀

.
A female of Delias belisama resting on the leaf
Canon 7D, Sigma 10mm Fisheye, ISO400, 外部ストロボ(2012-May-26, Bali in Indonesia)



ぺリボエアカザリシロチョウ; Delias periboea

この白い花のネムノキには、ベリサマ以外にもう一種類のカザリシロチョウを見ることができました。ぺリボエアカザリシロチョウです。数はベリサマに比べると圧倒的に少ないようでしたが、何とか数頭は撮影することができました。

d0090322_218953.jpg
飛翔するぺリボエアカザリシロチョウ

.
Delias periboea flying around the tree
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)

d0090322_2182259.jpg
吸蜜するぺリボエアカザリシロチョウ♂

.
A male of Delias periboea feeding on the flower
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)

d0090322_2195994.jpg
.......吸蜜するぺリボエアカザリシロチョウ♀

.
....... A female of Delias periboea feeding on the flower
....... Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400


 **********************************************************

<バリ島のデリアス?>

寺院の広場で人々が正装して集まっていました。男性の服は白一色でとてもシンプルですが、女性は赤や黄色などの色とりどりでとてもカラフルでした。

女性たちが並んで座っている様子をみると、まるでバリ島のカザリシロチョウたちがそこに静止しているかのように見えてきます------この症状からすると、虫林はバリ島特有の風土病である「デリアス病 Delias disease」に罹患してしまったのかもしれませんね。

d0090322_21104914.jpg
.......正装したバリの女性

.
.......Ceremony of the temple
....... Canon 7D, EF 100mm Macro, F2.8 IS USM, ISO200 (2012-May-26, Bali in Indonesia)


§ Afterword §

今回のフリータイムは1日だけでしたが、バリ島に棲息するカザリシロチョウを撮影することができました。とくに最後のベリサマカザリシロチョウの乱舞にはとても驚きました。

今回は、時間的な余裕が無いので一部の場所しか訪れることができませんでしたが、海あり山(3000m級)ありで、とくに西部にはかなり広い未踏?の森林地帯もあります。もっと調べてみれば面白い発見があるかもしれません。

これでバリ島散歩は終わります。

Selamat tinggal


以上、 by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2012-06-03 21:15 | Comments(14)

20120526 バリ島の散歩道(2):オライアカザリシロチョウ

.
Nature Diary 7(27):#452

<バリ島のデリアス>
バリ島というと海辺のリゾート地が有名ですが、実は北部を東西に火山脈が走り、アグン山(標高3,142メートル)やバトゥール山(標高 1,717 m)などの火山や温泉、湖などもあります。そんな山地の様子はどことなく日本にも似ているように思います。バリ島には5種類ものデリアス Delias (カザリシロチョウ)が棲息し、そのうち4種類がバリ島独特の亜種になっているそうです。とにかく、美しいバリ島色のデリアスたちを撮影してみたいな。

 **********************************************************

学会終了後の土曜日は一日だけフリー(他の参加者はエクカーション)。そこで、土曜日の朝、車をチャーターして、カチュ山 Mt. Catur(2096m)や ブラタン山 Mt. Bratan (1832m) の西側の湖が点在する高原に向かいました。

市街地から少し郊外にでるとそこには田園や素朴な村の光景がひろがりました。

d0090322_21341550.jpg
田園風景

.
Rural landscape
Canon 7D, EF 100mm Macro, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)


山側にしばらく進むと、斜面には小さな水田が幾重にもかさなる棚田(ライステラス)が見えてきました。この棚田は上から見ると、ステンドグラス模様に見えますね。車を止めてバリ島の風物詩である棚田を撮影しました。

d0090322_21343593.jpg
棚田

.
Rice terace
Canon 7D, EF 100mm Macro, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)


途中で立ち寄った公園では樹高40メートル以上はあろうかというガジュマルの木。

これまでも太いガジュマルの木は何度か見たことがありますが、この木のように樹高が高く、気根がまるで柱のように長いのは初めてです。ちなみに、下に人が立っていますが(オーストラリアの観光客)、この人の背丈と比べて、気根の長さが15m以上あるのがわかります。

こんな大きなガジュマルを見ていると、ただただその大きさに圧倒されてしまい、そのただならぬ「生命力」に畏怖の念を持ってしまいます。巨木に対する自然崇拝(アニミズム)というものが何となく理解できますね。

d0090322_21345088.jpg
巨大なガジュマル

.
Giant banyan tree
Ricoh GXR, ISO100 (2012-May-26, Bali in Indonesia)



ヘレナキシタアゲハ; Troides helena

山の稜線から暗いジャングルの中を抜けて湖のそばまで降りると、突然開けて小さな建物(寺院?)がある広場に出ました。その広場からは、今くだってきた斜面の林が一望に見渡せます。とりあえず、屋根の下の日陰に座って汗を拭きながら一休みしました。

思えば遠くに来たものだ---どこかで聞いたフレーズ。

ペットボトルの水を飲みながら、目を細めて斜面の樹林を見渡すと、大きなキシタアゲハ(ヘレナキシタアゲハ?)がグライダーのように滑空していました。

森の王者の風格です。

d0090322_2135416.jpg
飛翔するキシタアゲハ

.
A bird-wing flying in the sky.
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)



オライアカザリシロチョウバリ島亜種; Delias oraia bratana

山地性のデリアスであるオライアカザリシロチョウもしばしば姿を見せてくれましたが、高い所を飛翔しているだけで、なかなか撮影可能な距離に降りてきてくれませんでした。そこで、林の中のランタナの花が咲く場所に移動して、オライアの飛来を待ってみたところ、何とか吸蜜シーンを撮影することができました。

オライアは飛んでいる時は純白に見えますが、静止すると翅裏の黄色が鮮やかです。

d0090322_21351615.jpg
飛翔するオライアカザリシロチョウ♂

.
A male of Delias oraia bratana flying over the tree.
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)

d0090322_21352870.jpg
ランタナの花で吸蜜するオライアカザリシロチョウ♂

.
A male of Delias oraia bratana feeding on the flowers of Lantana
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)

d0090322_21353933.jpg
オライアカザリシロチョウ♂

.
Delias oraia bratana
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)

d0090322_21355053.jpg
葉上に静止するオライアカザリシロチョウ♀

.
A female of Delias oraia bratana resting on the leaf
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)



イウディスマルバネシロチョウ; Cepora iudith iudith

後翅が黄色くてオライアカザリシロチョウにちょっと雰囲気は似ていますが、オライアに比べると明らかに小型のシロチョウもこのランタナの花を訪れてくれました。。

イウディスマルバネシロチョウ(キシタシロチョウ)です。

d0090322_2136118.jpg
イウディスマルバネシロチョウ (キシタシロチョウ)

.
Cepora iudith iudith
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)



その他; Miscellaneous

d0090322_21361459.jpg
ホソチョウバリ島亜種

.
Acraea issoria malleolus
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)

d0090322_21362776.jpg
シロウラナミシジミの仲間

.
Jamidas
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)


胴体よりも翅が長くてちょっと面白い形の小さなトンボがたくさん飛んでいました。どうやら日本の沖縄などで天然記念物に指定されているハネダカトンボの仲間のようです。

色が異なるのは(下の写真)、雌雄の違いなのかな?

d0090322_2137072.jpg
ハナダカトンボの一種

.
Rhinocypha fenestrate corneli
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-26, Bali in Indonesia)


§ Afterword §

お昼近くになると日が陰ってきてカザリシロチョウも飛ばなくなってしまいました。結局、この場所では、オライアカザリシロチョウは撮影できたのですが、サンバワナカザリシロチョウは撮影できませんでした(姿は見かけました)。少し残念ですが、自然相手ですから仕方がありません。そこで、サンバワナは諦めて、少し低い場所に移動することにしました。とにかく、雲は山にだけかかっているので、下に行けば陽が差しているはずです。

その写真は次回に供覧したいと思います。




以上、 by 虫林花山






by tyu-rinkazan | 2012-05-31 21:40 | ▣シロウラナミシジミ | Comments(12)

20120525 バリ島の散歩道(1):ヒパレーテカザリシロチョウ

.
Nature Diary 7(25):#450

このところ忙しさに加えて、色々なことが重なってしまい、ブログの更新はしばらくぶりになりました。今回は先週のバリ島行の記事を載せてみようと思います。

 **********************************************************


インドネシアのバリ島を訪問しました。

バリ島は「インド洋に浮かぶ神々の島」です。そういえば、日本を「神の国」といって顰蹙をかった大物政治家がいましたな(関係ないか)。今回は学会終了後の土曜日が一日フリーになったのでフィールド散歩が楽しみです。

下の写真は「細い路地を颯爽と歩くオッチャンの後ろ姿」。
彼の背中にバリ人生を感じるな。

d0090322_623492.jpg
路地を歩く人

.
A back shot of Balinese man walking along the street.
Canon 7D, EF 100mm Macro, ISO400 (2012-May-25, Bali in Indonesia)


門の中を何気なく覗いてみると、そこにはインドの神様「ガネーシャ」がいました。

ガネーシャは太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神とされています。虫林は科学者ではあるが、神様にはめっぽう弱い。とりあえず合掌しておこう。

d0090322_624974.jpg
ガネーシャ

.
gaNeza
Canon 7D, EF 100mm Macro, ISO400 (2012-May-25, Bali in Indonesia)

d0090322_63240.jpg
動物の彫刻

.
Animal carving in stone
Ricoh GXR, ISO100 (2012-May-25, Bali in Indonesia)

d0090322_631521.jpg
お寺での集会

.
Ceremony in the temple
Ricoh GXR, ISO100 (2012-May-25, Bali in Indonesia)




バリ島のチョウたち

学会の会場はサヌールという町にあるホテルでした。

ホテルの庭や近場の林を歩いてみましたが、ツマベニチョウをはじめとするいくつかチョウたちを見ることができました。この時期のバリは乾季で過ごしやすいとはいえ、やはり暑い。

d0090322_632626.jpg
ツマベニチョウ♂

.
Hebomoia glaucippe
Canon 7D, EF 100mm Macro, ISO400 (2012-May-25, Bali in Indonesia)


嬉しいことに、カザリシロチョウ(Delias)の仲間のヒパレーテカザリシロチョウ(ベニモンシロチョウ)もブーゲンビリアの花を訪れてくれました。このチョウには以前にマレーシアと中国南部の広西省で出会っています。初めて見たときは色彩の派手さに驚いたものです。

d0090322_63371.jpg
ヒパレーテカザリシロチョウ

.
Delias hyparete hyparete
Canon 7D, EF 100mm Macro, ISO400 (2012-May-25, Bali in Indonesia)


すばやく飛翔するタイワンシロチョウは比較的多く、エリルスフタオシジミ、イワサキタテハモドキなどを見ることができました。また、クラメりルリマダラ(Euploea crameri )も吸蜜にやってきました。このチョウはバリ島亜種になっているようです。(yoda-さん有難うございます。)

d0090322_634952.jpg
タイワンシロチョウ、エリルスフタオルリシジミ、クラメリルリマダラ、イワサキタテハモドキ



シロスジカミキリの仲間のイチジクカミキリ♂をホテルの裏庭の葉上で見つけました。きっとホテルの明かりに飛んできたものでしょう。

このカミキリはシロスジカミキリと姿や形はそっくりさん(近似種)ですが、前胸背の紋がオレンジ色で何となく南国を感じさせてくれます。最近、東南アジアから沖縄に侵入して問題になっているカミキリです。
(kmkurobeさん、有難うございます)

d0090322_64185.jpg
イチジクカミキリ♂

.
Batocera rubus Linnaeus
Ricoh GXR, ISO100 (2012-May-25, Bali in Indonesia)


また、面白い模様の翅をもったベッコウトンボも見つけました。

d0090322_64128.jpg
ベッコウトンボの仲間(グラピプテラチョウトンボ)

.
Rhyothemis graphiptera
Canon 7D, EF 300mm F4L IS USM, ISO400 (2012-May-25, Bali in Indonesia)



§ Afterword §

バリ島行の5日前に父(92歳)が他界しました。安らかな最期だったのでよかったなと思います。バリ島への渡航は父の告別式の直後だったので、最初は出張を取りやめようかとも思いましたが、仕事人間だった父の事を考えて行くことの方を選択しました。場所が「神々の島バリ島」だったことも何かの縁を感じてしまいます。

今回はヒパレーテカザリシロチョウを撮影することができました。その他のデリアス(カザリシロチョウの仲間)に関しては、これからブログで紹介していくつもりです。バリ島でのデリアス情報は、横浜のS氏からご教示いただきました。彼は「さくちゃんの生き物便り」というホームページを運営しています。ご興味がおありの方は是非一度訪れてみてください。

次は、山地性のチョウ(デリアスを含む)について供覧する予定です。



以上、 by 虫林花山





by tyu-rinkazan | 2012-05-29 06:09 | Comments(12)