NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20180505 マレー半島の散歩道;キャメロンハイランドのアカエリトリバネアゲハ



DIARY Vol.12 (763): #07, 2018 :


<盆と正月が同時にやってきた>
この3月末で大学を離れ、生活の自由度が増した。そこで、ゴールデンウィークは海外での虫三昧の旅を目論んでみたが、いかんせん、海外の虫ポイントの知識が無い。いつも親しくさせていただいている昆虫写真家の山口 進氏に相談したところ、「ボルネオ島ダナンバレーとマレー半島のキャメロンハイランドに一緒にどうですか?」---とのこと。どうもこうもない、虫林にとって両者は憧れの地で、盆と正月がいっぺんにやってくるようなものだ。


アカエリトリバネアゲハ

公園の駐車場に車を止め、林の中の小道を少し歩いて河原に出た。
ここKuala Woを流れるバタンパダン川(Sungai Batang Padang)は、明るい川底を透過しながらゆっくりと流れ、キラキラと輝く川面に水浴びの子供たちの声がはじけていた。
その透明な流れの縁のさほど広くもない河原を見渡すと、大きな石の間の砂地に黒いアゲハの集団を見つけた。そう、アカエリトリバネアゲハの吸水集団だ。

d0090322_17112445.jpg
d0090322_17113936.jpg
----アカエリトリバネアゲハの集団吸水
----
(May-05-2018, Malaysia, Canon EOS 7D M-II + Sigma 15mm F2.8 Fisheye)

d0090322_17120530.jpg
d0090322_17122555.jpg
d0090322_17124011.jpg
----アカエリトリバネアゲハの集団吸水
----
(May-05-2018, Malaysia, Canon EOS 7D M-II + Sigma 15mm F2.8 Fisheye)


近くで見るアカエリトリバネアゲハは、僕の想像を超えて大きく立派で、王者のように悠々と飛ぶときに見せる輝くような緑色の紋に胸の高鳴りを禁じ得ない。

あの有名な英国英物学者のアルフレッド・ラッセル・ウォレスをして、「おそらく世界で最も優雅なチョウである」といわしめたアゲハチョウが目の前に群れているのだ。やっと王様に謁見できたような気分でシャッターを切った。

d0090322_17131358.jpg
----アカエリトリバネアゲハ
----
(May-05-2018, Malaysia, Canon EOS 7D M-II + Sigma 15mm F2.8 Fisheye)

d0090322_17133044.jpg
d0090322_17134495.jpg
d0090322_17140257.jpg
d0090322_17142248.jpg
----アカエリトリバネアゲハの飛翔
----
(May-05-2018, Malaysia, Canon EOS 7D M-II + Sigma 15mm F2.8 Fisheye)




Written by 虫林花山




# by tyu-rinkazan | 2018-05-11 17:17 | ● Malaysia | Comments(6)