人気ブログランキング |

2010509 白馬村散歩:ギフチョウとヒメギフチョウ

Nature Diary #0321
Date: May 9th (Sunday), 2010
Place: Hakuba, Nagano Pref.
Weather: fine and sometimes cloudy



§ Diary §

ここ数年は、ギフチョウ、ヒメギフチョウの撮影に長野県白馬村を訪れています。

今年も虫友 kmkurobe 氏安曇野の蝶と自然から 「こちらでも、ギフがそろそろ出てますよ~」 という有難いお声がかかりましたので、なにはともあれ白馬村まで馳せ参じました。

今年は4月の低温や降雪の影響で、ギフチョウの発生が例年に比べてかなり(1週間間以上)遅れているようです。まあ、虫林としては、チョウの撮影はともかくとしても、虫友とお会いして色々とお話しできるのがとても楽しみです。



オオルリ; Blue-and-white Flycatcher

朝、現地に到着して、林の中の開けた場所でギフチョウが飛来するのを待ちました。

腰かけて、コンビニで調達したおにぎりをほおばりながら朝食を摂っていると、聞き覚えのあるオオルリの元気な囀りが聞こえてきました。声の方向に目をやると、朝日に輝く新緑の枝に南の国から渡ってきたばかりのオオルリをすぐに見つけることが出来ました。

d0090322_7241774.jpg
オオルリ

.
A Blue-and-white Flycatcher resting on the branch
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-May-9, Hakuba)



ギフチョウ; Luehdorfia

カタクリ群落の近くで、蝶の飛来を楽しみに待っていましたが、待てども暮らせどもギフチョウは出てきてくれせんでした。

そこで、場所を変えてみることにしました。

次に訪れたポイントは、昨年産卵シーンを撮影した場所です。しばらく林の中を散策してみると、陽だまりになって暖かい場所でやっと待望のギフチョウが飛来しました。見失わないように注視していると、嬉しいことにタチツボスミレの群落に降下しました。

タチツボスミレの群落の中で吸蜜するギフチョウを何とか撮影することができました。

d0090322_6362017.jpg
タチツボスミレで吸蜜するギフチョウ

.
A Luehdorfia feeding on the flower.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-May-9, Hakuba)



こちらは別の個体です。
タチツボスミレでの吸蜜をやや側面から撮影しました。

横から見ると、ギフチョウのオスはかなり長い毛が密生しているのがわかりますね。

d0090322_6363367.jpg
タチツボスミレで吸蜜するギフチョウ

.
A Luehdorfia feeding on the flower.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-May-9, Hakuba)



ギフチョウの飛翔速度は遅いので、望遠マクロレンズのままで飛翔写真の撮影を試みました。シャッター速度優先(1/1600)で撮影しましたが、翅が少しぶれてしまいました。

d0090322_6364731.jpg
飛翔するギフチョウ

.
A flying feature of Luehdorfia.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-May-9, Hakuba)



最後に非常に新鮮なギフチョウのオスが出現して地面で開翅してくれました。

d0090322_63701.jpg
日光浴するするギフチョウ

.
A Luehdorfia basking on the ground.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400



ヒメギフチョウ; Small Luehdorfia

ギフチョウがとても少ないので、kmkurobeさんがヒメギフチョウのポイントに案内してくれました。そこは杉林に囲まれた小さな空間で、ヒメギフはどこからともなく現れて、日向ぼっこやカタクリで吸蜜を繰り返していました。

やはり、ギフチョウやヒメギフチョウはカタクリの花での吸蜜シーンが絵になります。

d0090322_6371415.jpg
カタクリで吸蜜するヒメギフチョウ

.
A small Luehdorfia feeding on the flower of dogtooth violet.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400



<求愛飛翔>

吸蜜していた個体(多分メス)に、突然、オスが襲うような勢いで急降下してきて、すぐに求愛飛翔になりました。この求愛は交尾までに至らずに、見守る中、空中高く舞い上がり最後には分かれてしまいました。多分メスは交尾拒否したのでしょう。

長い間(といっても数秒)求愛飛翔をしてくれたので、その飛翔シーンを何とかカメラで撮影することができました。撮影した写真の1枚を後でみると(最初の方)、興味深いことに、飛翔中に交尾を迫っているみたいです。

d0090322_6373029.jpg
d0090322_6374815.jpg
ヒメギフチョウの求愛飛翔

.
Courtship behavior of Small Luehdorfia in flight.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400, Trimming (+)




**************************************************

§ Afterword §

白馬村のギフチョウは例年よりも少なくて驚きました。

いつもなら三々五々にギフチョウガ現れるポイントでも、姿を見るのがやっとの状態でした。これからが本当のギフシーズンかも知れません。

今回はバンドの撮影はできませんでしたが、ギフ、ヒメギフとも撮影出来ましたので満足です。ご案内いただいたkmkurobeさんに感謝したいと思います。また、現地では何人かの撮影者の皆さんにもお会いできて、とても楽しい一日になりました。




以上、 by 虫林花山
Commented by fanseab at 2010-05-12 07:50
貴殿ならではの素晴らしい画像を堪能させて頂きました。特に求愛飛翔画像は貴重で、凄い迫力です。♂の執念まで伝わってきます(笑)。それと定番のカタクリ吸蜜シーンもカタクリの発色が独特で妖しいほどの綺麗です。オリンパスの色なのかな?
Commented by 22wn3288 at 2010-05-12 08:27 x
ギフチョウもヒメギフチョウも良いですね。飛翔写真も素晴らしいです。
随分発生が遅れているようですが、これから出てくるのでしょうか。
私も白馬のギフを撮りたいと思っています。
Commented by himeoo27 at 2010-05-12 20:32
「カタクリ&ヒメギフ」定番ながらとても綺麗です。やはりこの写真が一番好きです。
Commented by ヘムレン at 2010-05-12 20:38 x
白馬・・お疲れ様でした。
ギフチョウも姫ギフチョウも見事ですね。さすがです。
交尾飛翔・・・貴重な場面を見事に捉えていますね。
カタクリの色は、いつも撮ったあとで、なんか違う・・・と首をひねってしまうことが多いです。なかなかこのように綺麗に撮れないです。(^^;)
オリンパスの色の表現は昔から好きです。
オオルリ・・・綺麗ですね(^^)Y。。今日、山形でたくさんの渡り小鳥の死骸が見つかったとの記事があったようですが、山に無事たどり着いてくれた1羽・・ですね。
Commented by 虫林 at 2010-05-13 09:25 x
fanseabさん、
コメント有難う御座います。
今年はチョウの発生が遅れているので、苦戦しました。
でも、何とk撮影できてよかったです。
カタクリは、半逆光だったので、独特の色になったかもしれません。
Commented by 虫林 at 2010-05-13 09:27 x
22wn3288 さん、
コメント有難う御座います。
連休中に行かれたようですが、そのときはギフの発生は少なかったようですね。まだ、発生初期のようですが、そろそろいけると思います。
ギフの良い写真が撮影できるとよいですね。
Commented by 虫林 at 2010-05-13 10:11 x
ヒメオオさん、
コメント有難う御座います。
カタクリとヒメギフ、ギフの組み合わせは、ありきたりですが、やはり良いものですね。ただ、カタクリの花の時期とチョウの時期がなかなか合わないのが難点です。
Commented by 虫林 at 2010-05-13 10:14 x
ヘムレンさん、
コメント有難う御座います。
交尾飛翔は何とかピントがあったので驚いています。後で写真を欲見ると面白いことがわかるものですね。
カタクリは新鮮なものが残っていたので良かったですが、ヒメギフが少し古いのが残念でした。
オオルリやキビタキは長い距離を旅してきますので、ご苦労さんといいたいです。そうそう、赤ゲラの写真を僕も撮影しようとしましたが、失敗でした。羨ましいです。
Commented by yoda-1 at 2010-05-14 12:45
当日、ヒメギフのポイントでご一緒させていただいたYODAです。
あの突然始まった♂♀の絡みの瞬間を、
つかさず画像にしかも見事に納めれていて、
ただただ敬服するしかありません。
当日、少しの時間でしたがご一緒していただけて大変光栄でした。
今後虫林さんのパワーを少し分けていただいて、
少しでも上達していけたらと思っています。
よろしくお願いします。
(ネームカードを似顔絵はよくできていると感じました)
Commented by kmkurobe at 2010-05-14 18:58
スミレの描写きれいですね。ミノルタの青はどうも好みに合いませんね。あのシーンではご一緒いたしましたが、最近の長玉飛翔撮影きまってますね。打率が本当に高いですね。これは貴重なカットだと思いますよ。いやいや素晴らしい。
こちらは昨日今日とものすごく寒くて、夕方週末のロケハンをしてきましたが、花はまったく痛んでなくて、雪解けが遅かった場所では昨年のゴールデンウイーク前半のようでした。
Commented at 2010-05-14 19:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 虫林 at 2010-05-15 14:54 x
yoda-1さん、
コメントありがとうございます。
こちらこそお会いできて大変光栄でした。
これからもよろしくお願い申し上げます。
Commented by 虫林 at 2010-05-15 14:57 x
kmkurobeさん、
コメントありがとうございました。
kmkurobeさんは忙しい中で、とても効率よく素晴らしい写真をゲットされているようで羨ましく思いました。
おかげさまで、なんとかギフの撮影をすることができました。感謝しています。
Commented by 虫林 at 2010-05-15 15:00 x
非公開コメントさん、
ありがとうございます。
でも、現在、スコットランドのエジンバラという町に出張中でして、週末は残念ながら無理です(ホテルのネットで見ています)。さらに、来週の週末も出張でいけません。まったくもって残念です。また、よろしくお願いします。
Commented by chochoensis at 2010-05-16 20:45 x
タチツボスミレのギフチョウ・・・素敵ですね・・・垂涎物です。=オオルリ=・・・もう渡ってきたのですね・・・あの鳴き声を思い出します・・・しばらくあっていません、羨ましいです。カタクリでのヒメギフチョウ・・・撮影したいです・・・。素敵だな!
Commented by 虫林 at 2010-05-17 12:00 x
chochoensisさん、
コメントありがとうございます。
今回はギフチョウのカタクリでの吸蜜シーンは撮影できませんでしたが、なんとかタチツボスミレでの吸蜜シーンは撮影できました。
オオルリをみると初夏の訪れを感じます。きれいな鳥ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2010-05-12 06:43 | Comments(16)