20100724 災い転じて福 :アサカミキリ

Nature Diary #0336
Date: July 24 (Saturday), 2010
Place: Kanagawa
Weather: Fine




§ Diary §

今回、Banyanさん、ダンダラさん、ヘムレンさんとご一緒して、まだ未撮影のキリシマミドリシジミに挑戦することになりました。今までキリシマミドリはトライすることもなかった高嶺の花(蝶?)ですので、いそいそと待ち合わせ場所の H に馳せ参じた次第です。



アサカミキリ; Thyestilla gebleri

日本では大麻取締法が昭和23年に制定され、大麻の所持、栽培、譲渡などが禁止されました。それに伴って、日本国内から麻(大麻)が消え、麻を主な食草としているアサカミキリも激減してしまいました。今では環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種(神奈川県版では絶滅危惧種I類)となっています。


神奈川県の H にはアサカミキリが棲息していることを、以前に記事で読んだことがあります。

せっかく H で待ち合わせということなので、少し早めに現地に到着して、適当な場所で今まで見たことがないアサカミキリを探してみることにしました。

待ち合わせ場所から程近い草原を1時間ほど歩いてみましたが、案の定、アサカミキリは見つけることができませんでした(世の中そんなに甘くはありませんね)。とにかく、本日の本来の目的はアサカミキリではないので(キリシマミドリシジミ)、ここは潔く諦めて、待ち合わせ場所に向かおうとした時、Banyanさんから電話がはいり、「東名で事故渋滞のために待ち合わせ時間にはかなり遅れる」とのことでした。

「やれやれ事故渋滞とは可哀そうに」と思いながら、一方では、ウーム、これでもう一度ゆっくりとアサカミキリを探すことができる-----ラッキー、Thanks Banyan!

さらに、しばらく探すと1頭の黒っぽいカミキリムシがヨモギの葉上に静止していました。
それはまさしく目的のアサカミキリでした!

d0090322_11545695.jpg
#1: ヨモギ葉上のアサカミキリ

A long-horned beetle, Thyestilla gebleri , resting on the leaf.
Olympus E-3, ZD70-300mm, ASA400
(2010-July-24, Kanagwa)



アサカミキリは黒地に白い線が走り、なかなかノーブルな感じがします。

ここのアサカミキリは、食草を麻からアザミ、ヨモギに変えて生き延びたと思われますが、やはり個体数はかなり少ないようでした。

d0090322_11551112.jpg
#2: ススキ葉上のアサカミキリ

A long-horned beetle, Thyestilla gebleri , resting on the leaf.
Olympus E-3, ZD70-300mm, ASA400
(2010-July-24, Kanagawa)



結局、Banyanさんとダンダラさんは東名高速の事故渋滞のためにかなり遅れるということで、キリシマミドリシジミのポイントには、虫林が一人で先に行くことになりました。

ポイントでは神奈川の撮影者の方とお会いして色々と話しながら時間をつぶしました。しばらくしてbanyanさんとダンダラさんもやっと無事合流して一緒に探しましたが、キリシマミドリシジミの姿は1度も見つけることができませんでした。

ポイントの近くの道路で綺麗なヤマユリを見たことがせめても慰めかな。

d0090322_1155253.jpg
#3: ヤマユリ

Mountain lily
Olympus E-620, ZD12-60mm, ASA200
(2010-July-24, Kanagawa)




**************************************************

§ Afterword §

結局、本日はキリシマミドリの撮影は諦めした。

キリシマミドリを見ることが出来なかった理由は、今年の発生が例年に比べてかなり遅れているためと思われました。

キリシマミドリのポイント後にして、別な場所で待機していたヘムレンさんをピックアップし、クロシジミポイントに少し立ち寄った後、ホシチャバネセセリとミヤマカラスシジミを撮影しました(結果は同行した方のブログを見てください)。



「チョウの撮影は時の運」です。
Banyanさん、ダンダラさん、ヘムレンさん、本日はご苦労様でした。






以上、 by 虫林花山
Commented by yoda-1 at 2010-07-26 12:20
アサカマキリという種類がいるのですね。
探していて出会えるのは、やはり甲虫に対する愛情深さのご褒美ではないでしょうか。
虫林さんのキャリアでも、キリシマ初挑戦なのですか。
YODAもじっくり取り組みたいです。
Commented by clossiana at 2010-07-26 18:14
キリシマが撮れなくても、きっちりとカミキリの稀種を撮られているところはさすがですね。きっと虫のかもしだす妖気を感知することが出来るのでしょう。そうだとすればキリシマも時間の問題ですね。
Commented by 緑一 at 2010-07-26 21:28 x
虫林花山さんをしてキリシマミドリは未だ“高嶺の蝶”ですか(そんな高標高地には生息していませんが)。でも、キリシマミドリとの初会見も時間の問題でしょう。私は上手い具合に7月28日、多産地のM県で仕事です。仕事の合間の昼休みにM県/S県県境付近のポイントの行こうと思っています。キリシマミドリは目立つ蝶ですので、すぐ、”見る”ことはできるのですが、「見ることはできるが、撮ることが難しい」代表のような蝶ですので、どうなることか。
Commented by banyan10 at 2010-07-26 22:43
お疲れ様でした。キリシマ未発生は残念でした。
アサカミキリは渋い魅力がありますね。早く行って一緒に探していれば渋滞に巻き込まれずにすんだと思いますが、早めに探索を諦めて駄目だったかもしれませんね。(笑)
Commented by ごま at 2010-07-27 00:21 x
神奈川の撮影者です。
大変お世話になりました。
初めての場所で、狙いのチョウの姿はなく、実は出現ポイントも判らずにおろおろしていたところに、渡りに舟でした。
色々と教えていただき感謝しています。
また、何処かでお会いできれば幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by kmkurobe at 2010-07-28 11:29
アサカミキリ・・・・・これは素晴らしいですね。いくら実績がある場所といっても、こいつはルッキングしかないはずなんで、さすがに往年の眼は鈍ってはいませんね。こちらも美麻村、麻績村など麻の産地がそののまま地名になっています。一応全県に分布していたようですね。
これもラミーカミキリのように外来生物なんですかね?
Commented by ダンダラ at 2010-07-28 15:49 x
お疲れ様でした。そして色々お世話になりました。
これが向こうでお話のあったアサカミキリですね。
カミキリを知らないとパスしてしまいそうです。
蝶の写真は今回はなしですか。
お忙しくてそちらまで手が回らなかったのでしょうか。
暑い日が続きますから、ご自愛下さい。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 18:32 x
yodaさん、
コメント有難う御座います。
アサカミリは現在はなかなか見ることが出来ませんので、見つけたときにはそれなりに嬉しかったです。
キリシマミドリシジミは憧れのシジミチョウですが、山梨県ではなかなか見ることが出来ませんので、今まで撮影しようとしていませんでした。でも、楽しみは続きますね(笑)。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 18:35 x
clossianaさん、
有難う御座います。
キリシマは今まで見たことも無いので、まだ現実味が感じ取れません。でも、見に行かなければ見れないのもこれまた当然で、これからはボウズ覚悟でチャレンジしたいと思います。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 18:37 x
緑一さん、
有難う御座います。キリシマミドリに関すては、緑一さんには色々と感謝しています。残念ながら、努力が足りずに今まで来てしまいましたが、これから少し頑張ります。ご指導のほど宜しくお願いします。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 18:40 x
banyanさん、
当日は色々と有難う御座いました。
キリシマミドリは一筋縄ではいかないチョウだということが良くわかりました。それだから、チャレンジしがいのあるチョウだということでもあり、撮影できたときには嬉しいでしょうね。これからも宜しくお願いします。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 18:42 x
ごまさん、
いらっしゃい。
当日は短い時間でしたが、ご一緒できて楽しかったです。
僕のほうこそ色々と教えて頂き、感謝します。
これからも宜しくお願いします。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 18:44 x
kmkurobeさん、
有難う御座います。
最近はカミキリ目が弱ってしまって、ルッキングで発見する確率が落ちてきたように思います。でも、今回はアサカミキリを見つけることができて嬉しかったです。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 18:49 x
ダンダラさん、
コメント有難う御座います。
当日は事故渋滞が大変でしたね。また、車のキー事件まで発生して、どうなることかと思いましたが、さすがに冷静に対処されて良かったです。アサカミキリはカミキリムシに興味の無い方はもちろんパスしてしまいますでしょう。
今回はチョウの記事は出しませんでしたが、実は次の日に、富士山麓を再訪しましたので、チョウに関してはまったく同じ種類なので、富士山麓再訪の記事で出そうと思っています。
Commented by ヘムレン at 2010-07-28 20:22 x
これが、アサカミキリですか!。。渋い色合いですが、光って綺麗ですね。見てみたいです(^^)
今回は、キリシマは残念でしたが、カミキリやミヤマカラスの交尾といい出会いがありましたね。
楽しくすごさせていただきました。ありがとうございました(^^)
Commented by chochoensis at 2010-07-28 21:03
虫林さん、キリシマは、残念でしたが「アサカミキリ」・・・見つかってよかったですね・・・あまり特徴がなさそうなので、小生には見つけられないでしょうね・・・。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 21:22 x
ヘムレンさん、
コメント有難うございます。
こちらこそ楽しく撮影させていただきました。
キリシマはまだ早かったみたいですね。これからまだチャンスがあると思いますので、チャレンジしてみたいと思っています。
ご苦労様でした。
Commented by 虫林 at 2010-07-28 21:25 x
chochoensisさん、
コメント有難うございます。
アサカミキリは以前より撮影してみたかったので、今回撮影できて嬉しかったです。このアサカミキリはフトカミキリ亜科に属していて、小生が好きなグループです。
現在、個体数が少なくなったようですので見つけるのは大変ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2010-07-26 12:13 | ■カミキリムシ | Comments(18)