20100801 信濃訪問記(2):ムモンアカシジミ

<山梨県北杜市に生息するゴマシジミの保全活動へご協力のお願い>

ゴマシジミの生息地である山梨県北杜市の2ヵ所(旧明野村で1ヶ所、旧須玉町で1ヶ所)で、2009年よりゴマシジミの生息環境の保全活動が、地元、 北杜市オオムラサキセンター、日本チョウ類保全協会により行われています。保全活動を進めるにあたり、草刈りなどの管理活動にご協力いただけるボランティアを募集しております。

本活動にご協力いただける方は、ご連絡をお願いいたします。

NPO法人 日本チョウ類保全協会


**************************************************


Nature Diary #0341
Date: August 01 (Sunday), 2010
Place: Nagano
Weather: Fine




§ Diary §

山ゴマの撮影を終えて、午後からは kmkurobe さんが最近発見したというムモンアカシジミ(ムモンアカ)のパーソナルポイントに移動しました。

ムモンアカは非常に局所的な発生をする蝶です。

到着してみると、ムモンアカの発生場所は、前が開けた林縁の一部で、あまりこれといった特別な特徴は乏しい所でした(えてしてそんなものですね)。でも、近くに休憩するお店もあって、車は横付け、風通しが良くて、足場も良好です。

したがって、この暑い時期でのムモンアカの観察にはもってこいの場所と見受けられました。とにかく、この時期は暑さに参ってしまいますものね。



ムモンアカシジミ; Jonasi Orange Hairstreak

エキスパートのS氏も加わって、皆さんのチョウのお話を聞きながら発生木を見上げていました。

しばらくすると、オレンジ色のシジミチョウがポツポツと飛び始めましたが、突然、あろうことか、虫林の近くのアジサイの花の上で静止した個体が開翅したのです。

すぐにその蝶は飛び去ってしまいましたが、かろうじて、蝶が飛び去るまでに2回ほどシャッターを切ることができましたが、残念なことにレンズと被写体との間に葉がかぶってしまいました。

ウーム、千載一遇のチャンスだったのに----悔しい。


ちなみに、ここのアジサイにはブルーの花と白い花があるみたいですが、kenkenさんの観察では、ムモンアカは白い花のみに来るみたいです。

d0090322_63023.jpg
#1: アジサイの葉上で開翅したムモンアカシジミ

.
A male of Jonasi Orange Hairstreak perching on the leaf with the wings semi-opened.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)


ムモンアカは1頭が飛び出すと、それにつられるように他の個体も飛び出し、数頭がもつれ合いながら飛ぶ卍飛翔があちらこちらで見られました。

何度見てもこの卍飛翔はとてもキサイティングです。
d0090322_630201.jpg
#2: 飛翔するムモンアカシジミ

.
Jonasi Orange Hairstreaks showing courtship-flight.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)

d0090322_6304822.jpg
#3: 飛翔するムモンアカシジミ

.
Jonasi Orange Hairstreaks showing courtship-flight.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)



飛翔するムモンアカを指をくわえて見上げていましたが、1頭だけ、降りてきて葉の上に静止してくれました。しかし、残念ながら、翅がかなり破損していました。

d0090322_631223.jpg
#4: 静止するムモンアカシジミ

.
A Jonasi Orange Hairstreak resting on the leaf.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)



かなり離れたホウノキの葉で、開翅する個体も見られました。ここのムモンアカは開翅しやすいのかな?写真はトリミングしています。

d0090322_6311511.jpg
#5: 開翅するムモンアカシジミ

.
A Jonasi Orange Hairstreak resting on the leaf the wings opened.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400, trimming (+)
(August-01-2010, Nagano)



ホウノキの幹に静止した個体をkmkurobeさんが教えてくれました。静止したところは少し薄暗かったのですが、何とか産卵シーンを撮影できました。

d0090322_6312877.jpg
#6: 産卵するムモンアカシジミ

.
A female of Jonasi Orange Hairstreak egg-lying on the trunk of tree.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)




その他; Miscellaneous

d0090322_631425.jpg
#7: 採集禁止の立て看板に絡むミヤマカラスアゲハ♀

.
Maackii Peacock
Olympus E-3, Sigma 150mm, ASA400
(August-01-2010, Nagano)


d0090322_6315386.jpg
#8: 靴の上に静止したベニヒカゲ

.
A Japanese Argus resting on a mountain-climbing boot
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)

d0090322_632533.jpg
#9: シラホシカミキリ

.
Glenea relicta
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)

d0090322_6321959.jpg
#10: ヒゲジロハナカミキリ

.
Japanostrangalia dentatipennis
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)

d0090322_6323475.jpg
#11: ムツボシタマムシ

.
Crysobothris succedanea
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(August-01-2010, Nagano)



**************************************************

§ Afterword §

当初、このブログにNature Diaryという名前を付けたので、なるべくその日の内に日記をアップしたいと思いましたが、残念ながら今のところ遅れ気味です(1週間以上の遅れ)。本来の仕事が忙しいことや、日曜日のフィールド散歩が遠征が多くなったこと、生来のレイジーな性格などが主な理由ですが、まあ、マイペースで楽しみます。

これで、8月1日の信濃訪問記を終了します。
Kmkurobeさん、とても楽しかったです。有難うございました。




以上、 by 虫林花山
Commented by ダンダラ at 2010-08-09 09:25 x
あちこちのブログでムモンアカが登場し始めましたが、そろそろそんなシーズンですね。
開翅と産卵シーン、それぞれ貴重なシーンを撮影されて素晴らしいです。
Commented by ヘムレン at 2010-08-09 12:30 x
ホオノキに産卵ですか!不思議ですよね。育ててくれる蟻やアブラムシがどの木にいるか・・それがわかるのですから・・。
ムツボタマムシ!・・・変わっていますね。見てみたいです。
Commented by kmkurobe at 2010-08-09 16:10
あれからずっと観察していたらほとんどがカシワで産卵していました。蟻の数はホウノキが一番ですが。いずれにしても直射日光が当たるところは産卵しないようなのでねストロボは産卵シーン撮影には必要な気がします。
お願いがあります。小生の8/9付けブログ中のカミキリ同定できましたら宜しくお願いします。
Commented by banyan10 at 2010-08-09 17:37
昨日は早めに皆と別れてムモンアカに行こうとしたのですが、少し道を間違えて諦めました。
綺麗な写真を見るとお盆の期間に行かなければと思いますね。
Commented by himeoo27 at 2010-08-09 22:03
ムモンアカシジミの開翅綺麗ですね!
私の方は天候が悪いのが幸いしてなんとか接写出来、大満足の結果でした。
しかし、時間&天候の為か、産卵、開翅、交尾には立ち会えませんでした。
Commented by 虫林 at 2010-08-10 20:13 x
ダンダラさん
有難うございます。
今年は少し遅れ気味だったみたいですが、ムモンアカの季節になりましたね。この場所は、産卵行動を見るのに最適な場所みたいです。
Commented by 虫林 at 2010-08-10 20:15 x
ヘムレンさん、
有難うございます。
ホウノキへの産卵は、その後のkmkurobeさんの観察では、例外的だったみたいで、その後は主にナラの木が産卵木になった見たいです。
ムツボシタマムシはなかなか渋くて良いですよね。
Commented by 虫林 at 2010-08-10 20:17 x
kmkurobeさん、
色々ろ有難うございました。
おかげで貴重なシーンが撮影できました。
この場所は産卵シーンを観察するには最高ですね。他のもっと個体数が多い場所でも、産卵シーンを見るのは少ないのですが、ここではしばしば見られるみたいですごいです。
Commented by 虫林 at 2010-08-10 20:18 x
banyanさん、
コメント有難うございます。
そうですか、もし来られていれば、会うことができましたね。そろそろbanyanさんのポイントの個体も少し古くなりつつあります。
やはり、なるべく早くに行かれるのが良いかと思います。
Commented by 虫林 at 2010-08-10 20:20 x
ヒメオオさん、
有難うございます。
ムモンアカの新鮮な個体はとても綺麗ですよね。
撮影、オメデトウございます。
僕の場合は、なかなかムモンアカのポイントを探すことができずに何年か苦労したことを思い出します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2010-08-09 06:33 | Comments(10)

My Photographic Adventures


by 虫林花山
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31