20101112 長崎の海岸散歩:ヤクルリほか

Nature Diary #0361
Date: November 12 (Friday), 2010
Place: Nagasaki
Weather: fine



§ Diary §

今週は九州の長崎。

海を見下ろす丘の上に車を止め、浜辺に降りる道を探した。
しばらくすると、薄暗い林の中にまるでトンネルのような小径を見つけた。

このトンネルの先は “不思議の国の虫林”---ふとそんな気がした。

d0090322_23571116.jpg
トンネル

.
(2010-November-12, Nagasaki)



トンネルを抜けると、そこは小さな浜辺。

子供の頃に海辺の町で育った僕には、踏みしめる砂浜は嬉しく、潮の香は懐かしい。
眩しく輝く午後の海を目を細めて見た。

d0090322_23572684.jpg

.
seashore
(2010-November-12, Nagasaki)




イシガケチョウ; Common Map

しばらく浜から内陸に向かって歩くと、猫の額ほどの畑に出た。
突然、何か白いものが飛んだ。

その場所にそっと近づいて覗いてみると、栽培している野菜の上に翅を開いて静止している「イシガケチョウ」を見つけた。

イシガケチョウは、まるで「紙で作った飾り」のようにみえた。

d0090322_23574143.jpg
イシガケチョウ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



ヤクシマルリシジミ; Common Hedge Blue

所々で見かけるヤマトシジミは、すっかり白っぽくなり低温期型の特徴を示していた。その中に素早く飛ぶ小さなシジミチョウを見つけた。ヤマトの色合いと明らかに異なり、濃い青色をしていた。

どうやら、ヤクシマルリシジミの♀だ。

ヤクルリ♀は花にはあまり興味を示すことなく、浜辺の草付きの上を飛び、バラ科植物の葉上に静止した。そういえば、ヤクルリの食草は確かバラのはずだ。しばらく産卵シーン期待して注視したが、残念ながら腹端を曲げなかった。

d0090322_23575624.jpg
ヤクシマルリシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_235899.jpg
ヤクシマルリシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



ムラサキツバメ ; Zizula hylax

どこからともなく、ムラサキツバメが飛来した。

d0090322_23582251.jpg
ムラサキツバメ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_23583584.jpg
ムラサキツバメ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



その他; Miscellaneous

ウラギンシジミはタテハチョウのようだがシジミチョウだ(変なの)。
このチョウを見ると、南米で発達している「シジミタテハ」を思い出す。

d0090322_23584948.jpg
ウラギンシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_2359476.jpg
ウラギンシジミ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



浜辺を歩くと、足元からしばしばキタテハが飛び立った。

じつは、ここではタテハモドキを期待していたので、キタテハが飛び出すたびに目で追ったのだが、タテハモドキは一度も姿を見せてくれなかった。

d0090322_23591799.jpg
キタテハ

.
(2010-November-12, Nagasaki)

d0090322_2359374.jpg
キタテハ

.
(2010-November-12, Nagasaki)



オオキンカメムシが多い木を見つけた。

このカメムシは以前に房総半島でも見かけたが、冬には海のそばで越冬する習性があるらしい。かなりの個体がいたので、もう少し寒くなれば集団越冬をするのだろう。

d0090322_00152.jpg
オオキンカメムシ

.
(2010-November-12, Nagasaki)


**************************************************

§ Afterword §

11月の散歩の記録をまとめているうちに、今年も終わりそうだ。
忙しさにかまけて、もう一か月もフィールド散歩に出ていない。

これでは、「酸素不足」ならぬ「散歩不足」だろう。

下の写真は小さな漁港の海産物屋。
ここで購入した干したカタクチイワシ(いわゆるニボシ250円)は、そのまま食べてとても美味だった-----ウームもっと沢山買うべきだった。
d0090322_011621.jpg


先日、東京に行った折に新宿の「ヨドバシカメラ」で新発売のオリンパスE-5を見てきた。E-5はまだ結構高い。その時同時にキャノン7Dに 300㎜F4 L IS USMを装着して試写してみたが、持った感じのフィールングがとても良く、レンズの動きもスムーズで感心した。この望遠レンズはF4で、最短1.2mまで寄れる。----来年はキリシマやヒサマツに挑戦したいので心が動く。ところで、キャノン7Dや新発売の60D はどうしてこんなに値下がりしているのだろう。まるで価格破壊だ。




以上、 by 虫林花山
Commented by yoda-1 at 2010-12-18 06:01
不思議な緑のトンネルは海への演出効果抜群ですね。
ご紹介のヤクルリ始め長崎には暖かい地方の蝶がいろいろいるで楽しそうです。
オオキンカメムシを未見のYODAは、このオレンジが眩しいです。
EF300mmの最短距離は確か1.5mですが、足元の蝶を撮影するのにまずまずの短さです。
キヤノンはたぶん、交換レンズで収益をあげているので、本体は徐々に安く卸しているのだと推測します。
事務所のコピー機とか家庭用の印刷機とか、ランニング部分でがっぽり稼ぐ手法なのでしょう。ニコンとのシェア率競争もあると思いますが。
Commented by himeoo27 at 2010-12-18 08:35
長崎の「カタクチイワシ」の煮干し美味しそうです。

私も望遠レンズ検討中ですが、お金と、機能と、使い勝手が釣り合わず思案中です。

Commented by 22wn3288 at 2010-12-18 10:21 x
長崎ではまだいろいろなチョウが見られるのですね。
ヤクシマルリシジミ 通年見られるのでしょうか。
Commented by 虫林 at 2010-12-19 21:14 x
Yodaさん、
コメント有難うございます。
長崎の浜辺は迷蝶を期待したのですが、残念ながら見ることはできませんでした。オオキンカメムシはルーミスの時に房総でも見ることがありますよ。
確かに300mmは1.5mでした。でも、良いレンズだな。
今年はキャノンでいこかな。
Commented by 虫林 at 2010-12-19 21:15 x
ヒメオオさん、
コメント有難うございます。
ここのカタクチイワシや干物は美味しかったです。
望遠レンズの使用頻度が問題になりますね。でもほしいな。
Commented by 虫林 at 2010-12-19 21:17 x
22mn3288さん、
コメント有難うございます。
11月中旬はまだかなりの種類を見ることができました。
ヤクルリの越冬は難しいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2010-12-18 00:11 | ▣ヤクシマルリシジミ | Comments(6)

My Photographic Adventures


by 虫林花山
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31