人気ブログランキング |

20110424 新緑の京都散歩:改造レンズで撮影

Diary#383

神戸での学会の後に会議のために京都に移動した。

すでに夕方で薄暗かったが、雨も上がったので小さな「たこやき屋」を訪ねてみた。そのお店はあまり綺麗とは言い難いが(失礼)、味はなかなかのもので、京都に出張した時のひそかな楽しみになっている。
d0090322_22484778.jpg
たこ焼き屋 (京都市, 4月23日)

.
This is a small restaurant of Takoyaki where I prefer to call in Kyoto.
Olympus EP-1, MZD14-42mm, ASA800
(2011-April-23, Kyoto)


屋根の上に大きな猫を見つけた。

その猫は少し太っていてどことなく 不思議の国のアリス に出てくる チシャ猫 に似ているように思えた(飼い主の方失礼)。そういえば、こちらを見てニヤッと笑った----本当かよ。
d0090322_22492879.jpg
屋根の上のチシャ猫? (京都市, 4月23日)

.
Olympus EP-1, MZD14-42mm, ASA800



» わらび採り ; Bracken, Pteridium aquilinum

明けて日曜日は午前中の数時間が空いたので、地下鉄で京都国際会議場がある丘の上まで行ってみた。

会議場から市街地までうらうら散歩しながら降りてくる途中で、偶然に夏の 「送り火」 のための草原に出た。どうやらここは、松ヶ崎西山(標高135m)という場所で、 「妙」の文字の送り火が灯されるらしい。ちなみにお隣の東山では「法」の文字が灯され、両方で 「妙法」 となる

この草原にはちょうど「ワラビ」が沢山出ていて、何人かの方々がのんびりとそれを摘んでいた。
d0090322_22505976.jpg
「送り火」の草原でワラビを摘む人 (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, MZD14-42mm, ASA800

d0090322_22513019.jpg
ワラビと背景の京都市街 (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, MZD14-42mm, ASA800



» 海野式改造レンズ ; Altered lens

今回、一眼レフは持参しなかったが、オリンパスのEP-1とズームレンズ、改造ズームレンズを持ってきた。下の写真はヒメクロオトシブミが葉っぱの揺りかごを作る様子を通常のズームレンズで撮影したものだ。
d0090322_22515738.jpg
葉を巻くヒメクロオトシブミ (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, MZD14-42mm, ASA200、ストロボ(+)


海野式改造レンズをEP-1に装着して、外部フラッシュにディフューザーを併用して撮影すると、体長数ミリの昆虫もかなり大きく撮影できる。この改造レンズでは自動露出は問題無いが、オートフォーカスは実用的ではない。改造レンズで撮影するときはMFに設定する方が良さそうだ。

まずは体長数ミリの小さなヒメクロオトシブミを撮影したが、鞘翅表面の点刻まで描出されていて、解像度は思ったよりも良いようだ。以下に改造レンズで撮影したその他の小型昆虫を供覧しておく。
d0090322_22521558.jpg
改造レンズで撮影したヒメクロオトシブミ (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, 改造ズーム, ASA200、ストロボ(+)

d0090322_22523661.jpg
クロボシツツハムシ (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, , 改造ズーム, ASA200、外部ストロボ

d0090322_22532128.jpg
セスジツツハムシ? (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, , 改造ズーム, ASA200、外部ストロボ

d0090322_22534388.jpg
ナナホシテントウ (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, , 改造ズーム, ASA200、外部ストロボ



» 土砂降り ; Downpour of rain

午後1時から会議だったので、お昼近くに急いでもどって着替えをしてから再び出かけた。会議する場所に向かって急いで歩いていると、突然、雷を伴ったドシャ降りになった。傘を持ってなかったので、軒下で雨宿りしたが、その時の様子がこのシーンだ。

d0090322_2254452.jpg
雷雨の街角 (京都市, 4月24日)

.
Olympus EP-1, MZD14-42mm, ASA200



§ Afterword §

聞くところによると、京都でも福島原発の事故の影響で外国人観光客の姿が消えたそうだ。海外の人からみると、日本はすべて放射能に汚染されてしまったように見えるのだろう。全く早く目途がつくと良いのだが。

今回は少しだけ(午前中数時間)京都でフィールド散歩ができたのは良かった。それにしても、週末はよく雨が降ったな。これでは、良く言う「春雨じゃ濡れていこう」というわけにはいかない。海野式改造レンズは蝶よりも小さな昆虫を撮影するためのものだが、まだ慣れていないせいか、使用するのはなかなか難しい。でも、うまく撮影できると肉眼で見えなかった特徴が分かるのが面白い。



以上、 by 虫林花山
Commented by yoda-1 at 2011-04-26 18:52
改造レンズの威力大ですね。
YODAも、小昆虫をこのくらいの精緻さで撮影したいものですが、
どうして商品化されていないのでしょうか?
Commented by 虫林 at 2011-04-26 22:38 x
yoda-1さん、
コメント有難うございます。
この改造レンズは用途がかなり狭いので、なかなか一般的に使用するのは難しいと思います。汎用性の点に問題があるので、商品化されないのかもしれませんね。でも、体長数ミリの甲虫も撮影したり、越冬卵の撮影には威力を発揮します。もう少し色々試してみたいと思います。
Commented by kmkurobe at 2011-04-27 14:33
改造レンズいいですねえ。これはぜひピドニアの生態写真を撮っていただきたいものです。
Commented by naoggio at 2011-04-27 23:15 x
改造レンズ調子良さそうですね。
ヒメクロオトシブミの画像は構図も色彩も斬新で素晴らしいです。黄色がきれいです。
クロボシツツハムシは面白い昆虫ですね。深みのある赤い地色が気に入りました。
ナナホシテントウは前翅の縁取りまでくっきりと写っていて、やはり改造レンズのポテンシャルを感じます。
これからも楽しみですね。
Commented by 虫林 at 2011-04-29 02:44 x
kmkurobeさん
コメント有難うございます。
おっしゃる通りで、ピドニアの撮影には良いレンズかもしれませんね。比較的絞れるところが良いです。
Commented by 虫林 at 2011-04-29 02:48 x
naoggioさん、
有難うございます。
ヒメクロオトシブミは特に小型の甲虫なのですが、このレンズで撮影すると生き生きとして見えてきました。ナナホシテントウは動き回っていたので、なかなかうまく撮影できませんでしたが、この写真はうまく撮影できた方です。
蝶が撮影できないときには、甲虫の撮影に威力を発揮してくれるかもしれません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2011-04-25 23:02 | ■撮影機材ほか | Comments(6)