人気ブログランキング |

20120504 Guamの散歩道(2):マルバネルリマダラの乱舞など

.
Nature Diary 7(22):#447

グアムはこの時期雨期で、午後になると強い雨が降る。でも、南国の雨は一時的でしばらくするとあがるので、現地の人は傘など持っていないという。少しの雨を気にして傘をさすのは日本人だけかもしれないな。

d0090322_20545173.jpg
雨期

.
Rainy season
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ISO200 (2012-May-04, Guam, US)



マルバネルリマダラ; Euploea eunice

一頭の黒っぽいマダラチョウが葉の上に静止して、少し翅を開いてくれた。見ると前翅に丸い青い紋が目立つ。マルバネルリマダラだ。

マルバネルリマダラとは台湾以来の出会いはだが、このチョウを見ると南国を感じる。ここでは個体数はかなり多いみたいで、良く飛翔する姿を目にする。日本の沖縄でも近年は毎年見かけることができるらしいが、まだまだ少ない蝶らしい。

d0090322_20551062.jpg
葉上に静止するマルバネルリマダラ

.
A butterfly, Euploea Eunice, resting on the leaf with the wings semi-opened.
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-04, Guam, US)


海に面した公園(パセオ公園)。

家族と一緒にのんびりと公園内を歩いていると、ヤシの木の向こうにある何の変哲もない小さなショボイ木の周りを何頭もの黒っぽいチョウが飛んでいるのを発見。

♪♪この木なんの木 気になる木 蝶々が集まる木ですから〜♪♪

d0090322_20552412.jpg
気になる木

.
Strange tree
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-04, Guam, US)


木に近づくと、20頭ほどのマルバネルリマダラが飛び立って、周りを乱舞し始めた。そうなると虫林はのんびりと散歩どころではなくなる(虫屋の性かな)。背後から感じる家族の嘲笑の気配など気にもしないで、すぐに駆け寄ってみたのはいうまでもない。

マダラチョウ科のチョウたちはよく集団で行動したりするらしいが、僕にとってはマルバネルリマダラの乱舞は初めての経験で、胸のときめきを禁じ得ないのだ。

しばらくすると枝のあちらこちらに静止した(写真下)。

d0090322_21573889.jpg
マルバネルリマダラの乱舞

.
Flying butterflies, Euploea Eunice, in a disorderly manner
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-04, Guam, US)


マルバネルリマダラの「てんこ盛り」。

午後4時を過ぎているので、この木を「ネグラ」として集合したとも考えたが、よく見ると彼らはストローを出してそれぞれ吸蜜しているではないか。マルバネルリマダラが「てんこ盛り」になるこのとても地味な花の木はいったい何者?

一応、「マルバネの木」と名付けておこう。

d0090322_20555238.jpg
マルバネルリマダラのてんこ盛り

.
Butterflies, Euploea Eunice, nectaring on the flowers
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-04, Guam, US)

d0090322_20561159.jpg
マルバネルリマダラの吸蜜

.
Butterflies, Euploea Eunice, nectaring on the flowers
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-04, Guam, US)


葉の下にすごくカラフルな幼虫を見つけた。この色彩、形はどうやらマダラチョウ科のものみたいだ。幼虫はあまり得意でないが、マルバネルリマダラの終齢かな。

d0090322_20562631.jpg
マルバネルリマダラの幼虫

.
A caterpillar of Euploea eunice
Ricoh GRD, ISO100 (2012-May-04, Guam, US)



リュウキュウムラサキ; The Great Eggfly

リュウキュウムラサキのオスが白い紋をチラつかせながら旋回していた。時々静止するが、占有行動(テリトリー)なので、見晴らしの高い枝先を選ぶ。小石を投げて飛び立たせることにしたが、何度もやっていると、リュウムラも馬鹿馬鹿しくなったようで、フイとどこかに行ってしまった。

d0090322_20563949.jpg
リュウキュウムラサキ♂

.
A male of the Great Eggfly resting on the leaf.
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ISO200 (2012-May-04, Guam, US)

d0090322_2056528.jpg
リュウキュウムラサキ♀

.
The Great Eggfly
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ISO200 (2012-May-04, Guam, US)


小道の脇にはリュウムラの♀をひらひらと舞っていた。

♂と違って比較的低い場所に静止してくれるので撮影はしやすかった。リュウムラのメスは後翅の白い紋の大きさに個体変異が顕著にみられるようだ。以前、蝶友ダンダラさん(小畦川日記)がサイパンで、美しいパラオ型のリュウムラ♀を撮影していたので、グアムでもと思ったが、そうは問屋がおろさなかったな。

d0090322_2057897.jpg
リュウキュウムラサキ♀

.
A female of the Great Eggfly resting with the wings opened.
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-03, Guam, US)



その他; Miscellaneous

d0090322_20575969.jpg
ウスイロコノマチョウ

.
The Common Evening Brown
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-03, Guam, US)


草地に入ると小さなシジミチョウが沢山舞っていた。あまりに小さいのでホリイコシジミかなと思ったが、多分、ヒメシルビアシジミだろう。

d0090322_20574333.jpg
ヒメシルビアシジミ

.
Zizina otis
Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ISO400 (2012-May-03, Guam, US)


§ Afterword §

一応これでフィールド散歩のグアム編は終了。

今回散策したのは、タモンビーチという超有名な海岸に面したホテルの周りだけなので、グアムの蝶相に関して語るのはおこがましい----でも厚顔無恥な虫林は語っちゃおう。

ホテルから連続した林の中の道を歩いてみると、シロオビアゲハの飛ぶ姿をしばしば見かける。リュウキュウムラサキやマルバネルリマダラも比較的容易に見ることができた。一度だけオオカバマダラも姿を見せ、思わず胸をときめかせたが飛去ってしまった。雨後にはウスイロコノマがひっそりと現れ、ヒメシルビアシジミは草地に沢山みられた。その他、キチョウの仲間はどこにでも多く、ウラナミシジミも何頭かでてきた。

もっとじっくりと探せばいろいろな蝶たちが観察できるに違いないと思う。
それにしても、グアムはのんびりとしていて、命の洗濯には良い場所だと思う。

また、いつの日にか訪れたい。


以上、 by 虫林花山

 **********************************************************




Commented by yoda-1 at 2012-05-09 12:35
こんなにたくさんいるのですね。
孤島あなどるなかれでしょうか。
特に、吸蜜で集まる光景は南国=天国のイメージを彷彿させます。
次回訪問時の参考になりましたが、個人的には、ホリイコはいなのか、どの種類のキチョウがいるのかつきとめてみたいです。
Commented by naoggio at 2012-05-09 16:51 x
マルバネルリマダラの集団、すごいですね。
以前リュウキュウアサギ系の集団は見たことがありますが、この黒い集団はそれよりコントラストがあってとてもオシャレです。
飛んでいる写真の背景もいいですね。
ヒメシルビアは水滴が蝶の小ささを物語っていていい写真になりましたね。虫林さんらしい心憎いショットです。
Commented by hirax2 at 2012-05-09 22:26
3年前、妻とグアムに行った時を思い出しました。
まさにこのマルバネルリマダラの集団吸蜜を見ました。
数も同じくらいでしょうか。この木なんの木なんでしょうかね^^;
写真を見ていてまた行きたくなりました。手軽にのんびり命の洗濯したいものです。
Commented by fanseab at 2012-05-09 23:09
マルバネのホストは普通クワ科(Ficus属)ですけど、この集団
吸蜜をしている実の結び方(密集状)もクワ科のような気がします。最初はEuploeaが好むアルカロイドが出る木本かと思いましたが、幼虫が食っているならクワ科で間違いないかな?と。
広角で青空バックの集団飛翔シーンを撮りたくなりました。
Commented by 22wn3288 at 2012-05-10 08:40 x
グアムにもいろいろなチョウが居るのですね。
チョウの種類は少ないのかと思っていました。
集団は凄いですね。熱帯だなと思うシーンのように思います。
Commented by 虫林 at 2012-05-10 23:22 x
yoda-1さん、
コメントありがとう御座います。
グアムは俗化していてチョウなどあまりいないのかなと思っていましたが、意外に多くの種類のチョウを見ることができました。今回はホテルの周りしか歩かなかったの、ぜひともジャングルほ方に出向いて見て下さい。
Commented by 虫林 at 2012-05-10 23:27 x
naoggio さん、
コメントありがとう御座います。
南国のチョウはその背景と一緒になって記憶に残るものですね。ヒメシルビアは本当に小さくてホリイコかもと初めては思っていました。でも、ヒメシルビアですね。
マルバネの集団は驚きました。
Commented by 虫林 at 2012-05-10 23:32 x
hiraxさん、
コメントありがとう御座います。
以前にグアムで同じシーンを経験されたのですね。僕もマルバネの集団にはとても驚きました。このチョウの集まる木はなんでしょうかね。僕もまた訪れて見たいものです。
Commented by 虫林 at 2012-05-10 23:36 x
fanseabさん、
コメントありがとう御座います。
マルバネの集団の木は桑科かもしれないとのこと、貴重な情報を有難うございます。幼虫を見つけた木はクワみたいでした。
青空を背景に群飛は憧れてしまいます。
Commented by 虫林 at 2012-05-10 23:39 x
22wn4388さん、
コメントありがとう御座います。
僕もグアムはチョウが少ないのかなと思っていましたが、意外に多くの種類を見ることができました。
グアムではホテルの周りだけの散策でしたので、次回はもっと郊外を探索して見たいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2012-05-09 07:36 | Comments(10)