人気ブログランキング |

20130929 秋の散歩道:スジボソヤマキとフジコブヤハズカミキリ

Diary #549 :
今週末(日曜日)は「コブ撮りじいさん」になった。
コブといっても瘤(こぶ)ではなくてコブヤハズカミキリのコブです。

フジコブヤハズカミキリ(以下フジコブ)は、翅が癒着していて飛ぶことができず、局所的な分布を示します。昨年初めて名前の由来にもなっている富士山で撮影しましたが、できれば今年は他の場所で撮影したいと思いました。そこで、記憶の糸を手繰って、以前にキベリタテハの撮影で訪れた信州の川上村のポイントを思い出しました。そこにはマルバダケブキの大きな群落があって、フジコブが見つかる可能性がありそうです。



峠に向かう道の途中で振り返ると------長閑な村の風景
青い空と白い雲、
聳える険しい瑞牆山。

d0090322_6462074.jpg
- A peaceful landscape of village

---- Olympus Stylus TG2 tough



現地に到着して、林内を歩き始めるとまもなく、葉裏に静止するスジボソヤマキチョウを見つけました。

クリーム色のスジボソヤマキチョウは、少し黄色く色づいた葉の色に溶け込むようで、フジコブを探していなければけっして見つけることはできなかったと思います。低い位置だったので、E-5のバリアングルモニターが大変重宝しました。

広角魚眼で太陽の光を入れて撮影。

d0090322_6464733.jpg
- The Lesser Brimstone

---- Olympus E-5 + ZD8mm Fisheye, 外部ストロボ



気温が上がってくると、スジボソヤマキがふらふらと飛び出して地面に静止しました。
そっと近づいてみると、体を横に倒して太陽の光を浴びています。

チョウの日光浴の形態は種によって異なるようです。翅を開くタイプ、体を倒すタイプ、ただ静止するだけのタイプなど色々です。体を倒して日光浴する習性は、春先に出現するコツバメや高山蝶のタカネヒカゲなどがよく知られていますが、スジボソヤマキチョウもこの性質が顕著にあるようです。

d0090322_6474062.jpg
d0090322_6481344.jpg
- A Lesser Brimstone sunbathing on the ground.

---- Olympus Stylus TG2 tough + Gyorome8



フジコブ発見
林内のマルバダケブキの葉は、いかにもフジコブが好みそうな感じで枯れていました。ところが、いくら枯葉をめくっても見つからないのです。探索を初めて1時間が過ぎて、さすがにモティベーションも下がり、そろそろ場所を変えようと思った矢先、枯葉の中からキモ可愛いフジコブ♂が現れました。

やはりここに分布していたのだ----。

いるかもしれないけどいないかもしれないという場所で、目的とする昆虫を見つけることは嬉しいものです。思わず心の中で小さくガッツポーズをしてしまいました。

d0090322_6484189.jpg
d0090322_649350.jpg
- Mesechthistatus fujisanus,Male

----Canon EOS 7D + EF100mm Macro



昆虫探しでは、初めの1頭を見つけるのに苦労しても、2頭目からは意外に楽に見つかることが多いのです。これは心の余裕のためとしか思えません。人間の視覚は心理状態と強く連動していて、心に余裕がなければ見えるものも見えなくなるのでしょう。恋すれば痘痕(あばた)も笑くぼというのとはちょっと違うか----。

ほどなく、痘痕(笑くぼ)だらけのフジコブのメスも見つけることができました。

d0090322_6493195.jpg
d0090322_6495132.jpg
- Mesechthistatus fujisanus,female

---- Olympus Stylus TG2 tough



葉の中に包まれているフジコブを魚露目で撮影。
枯葉を通す太陽の柔らかい光が暖かそうに感じます。

d0090322_6501753.jpg
d0090322_6503960.jpg
- Mesechthistatus fujisanus

---- Olympus Stylus TG2 tough + Gyorome8




Postscript :
秋になるとコブヤハズカミキリの仲間を撮影したくなります。

以前から気になっていた場所でフジコブヤハズカミキリの棲息を確認することができました。やはり環境が揃えばコブヤハズカミキリは見ることができるようです。これからさらに忙しくなるのでなかなかフィールドに出ることができないのが残念ですが、マヤサンコブヤハズもいつか見たいものです。


Nature Diary vol.8(58): #549
Date: September-29 (Sunday) /2013
Place: Kawakami-mura, Nagano





Commented by naoggio at 2013-10-04 11:06 x
期待していた場所での珍虫発見、おめでとうございます。
いつもながら素晴らしい眼力と引きの強さに感心してしまいます。
スジボソヤマキの1枚目は8mmの魚眼なんですね。強烈なパンフォーカスが印象的。
そして不自然さを感じさせないストロボワークにも力量を感じます。
さすがの1枚ですね。
魚魯目のフジコブも虫になって一緒に潜り込んで行っているみたいでとても臨場感があり楽しめました。
Commented by Sippo5655 at 2013-10-04 21:35
スジボソヤマキチョウ、本当に葉っぱと同化しているんですね!
感動です~。
それと、体を倒して日光浴するところも。。
ミヤマモンキでこの体制を見ました、
あれは日光浴だったんだ。。。
てっきり風を避けているのかと思ってました^^;
カミキリさんに出会えて!
良かったですねーー♪
私はなんだかわからないけれど、地面を歩くカメムシの子供に出会いました。
名前を調べなきゃ><
Commented by 虫林 at 2013-10-05 04:17 x
naoggioさん、
有難うございます。
オリンパスの8mm魚眼は、大きくて重いので敬遠していましたが、今回は持参しました。やはりここぞと思う時には威力が発揮
してくれます。外部ストロボは不自然がないように全速同調する
タイプのものを使用しました。
色々と工夫すると楽しいですね。
Commented by 虫林 at 2013-10-05 04:21 x
Shippoさん、
コメントありがとう御座います。
蝶が翅をを倒すのは、風のためとも言われていますが、僕は
やはり気温との関係で日光浴の方が目的のように思います。
健気に見えて可愛いですね。
コブヤハズカミキリは、少し自信が無かったのですが、見つ
けることができて嬉しかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2013-10-03 07:05 | Comments(4)