人気ブログランキング |

20150324 アメリカ合衆国の散歩道(続):ボストン科学博物館で温まった

DIARY Vol.10 (653): #15, 2015 :  

僕は自然史博物館が好きです(日本では上野の科学博物館かな)。そこには地球のロマンを感じ取ることができるからです。今回訪れたボストンには、「Museum of Science(Boston)」という博物館があります。ホテルのコンシャルジェの話では、車で10分ほどのチャールス川の河口に建っているということでしたので立ち寄ってみました。


凍るチャールス川とカナダガン

チャールス川 Charles river の川面には大きな氷が浮かんでいました。
ボストンは大学や研究所が多い都市です。
川の氷を見ながら「文化は北から?」という言葉が頭に浮かんできました。

d0090322_22442892.jpg
---- 氷が浮かぶチャールス川-A landscape of Charles river with ices

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)


カナダガンは日本では迷鳥(迷い込んだ鳥)。
でも、北米では冬期には普通に見ることができる鳥。
見ていると、かなり喧嘩っ早い鳥ように思えた。

d0090322_22444990.jpg
---- カナダガン- Canada goose

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)



科学博物館

科学博物館 Museum of Science の外観は何となく殺風景

d0090322_22451057.jpg
---- 科学博物館-Museum of Science (Boston)

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)



小部屋に写真、数個の昆虫の標本箱、ノートなどが飾ってありました。
他の部屋の展示品が豪華なのにここだけ“あれ?”ていう雰囲気。
写真に添えられた名前は、アルフェウス・ハイアット(Alpheus Hyatt)


アルフェウス・ハイアット(April 5, 1838 – January 15, 1902) はアメリカの動物学者で古生物学者。脊椎動物の化石の研究者として知られています。ハイアットは1862年にハーバード大学を卒業して、その後、マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)の教授として務め、ボストン自然史協会の運営にも深くかかわった人物です。

d0090322_22452934.jpg
---- アルフェウス・ハイアット-Alpheus Hyatt

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)



この博物館には蝶園(バタフライガーデン)が併設されています。

ここは何が良いか?と申しますと、第一に室内が暖かいことです。
ボストンは寒いので、蝶園に来ると、身も心もリラックスしてほっこりできます。

d0090322_22455120.jpg
d0090322_22461036.jpg
---- 蝶園-Butterfly Firm

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)



そとの気温は零下ですが、バタフライガーデンの温室内はポカポカ、ヌクヌク、ホクホクしていました。完全に南国の別世界です。さらに、色とりどりの蝶まで飛んでいるのですから、虫林にとってはまさしく天国ですね。この寒い冬の間はこのバタフライガーデンでほっこりとしたいものです(バタフライガーデン浴)。

色鮮やかなドクチョウの仲間やモルフォチョウなどの南米の蝶たち。
静止した写真とともに少しだけ飛翔写真も撮影しました。

d0090322_22464129.jpg
d0090322_22465671.jpg
---- ドクチョウ-Butterfly Firm

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)

d0090322_22471370.jpg
---- タテハチョウ-Butterfly Firm

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)

d0090322_22473199.jpg
---- モルフォチョウ-Butterfly Firm

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)


d0090322_22475617.jpg
---- 巨大なバッタ-A Big Grasshopper

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)



ボストンの夜

夜空に月が輝いていました。
クラムチャウダーを注文しました。

d0090322_22482317.jpg
---- 町の夜景-A night landscape of Boston

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)

d0090322_2249545.jpg
---- 名物のクラムチャウダー-Cramchauder

-----(Boston, US, Mar/24/2015、Olympus Pen EP-5, M.ZD12mm)




Note

これで、アメリカ合衆国のボストンの記事を終了します。

博物館の壁には、発見(Discover)、想像(Imagine), 探索 (Search), 革新(Innovate)の4つの文字の看板があった。いずれも大事な言葉で、科学の原動力といえる根本的な精神が含まれています。略してDISIということで覚えておこう-----すぐに忘れる?
d0090322_22493547.jpg

この1週間でミヤマセセリやコツバメ、ギフチョウなどがいっぺんに飛び始めているようですね。
今週末は僕も春の昆虫たちに会いたいな。

By 虫林花山


Commented by himeoo27 at 2015-03-27 21:27
ドクチョウの仲間の
橙&白&黒お洒落な3色
モルフォチョウの表翅の
メタリックブルーの輝き
どちらも素晴らしいですね!
Commented by 22wn3288 at 2015-03-28 08:41
ボストンにはバタフライ・ガーデンがあるのですね。
知りませんでした。
南米のチョウは憧れでもあり見たかったです。
以前ボストンに行った時は、美術館を見て日本の仏像の展示が仏堂風に出来ていて感心しました。
シンフォニーホールは小澤のポスターを見るだけでした。残念。
名物のクラムチャウダーは食べて来ました。
懐かしく拝見しました。
Commented by tyu-rinkazan at 2015-03-29 21:15
ヒメオオさん
コメントありがとうございます。
バタフライガーデンで飛翔写真の練習をしてみました。なかなか面白かったです。
南米の蝶は面白いですね。
Commented by tyu-rinkazan at 2015-03-29 21:18
旅友さん、
コメントありがとうございます。
ボストンはとても寒かったです。
ボストン美術館の日本の仏像は確かに部屋が薄暗くてとてもムードがありました。
クラムチャウダーは美味しいのですね。
次に行くときは科学博物館にも立ち寄られることをお勧めします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2015-03-26 22:51 | ● United States | Comments(4)