NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

20180324 早春の散歩道:ミヤマセセリとニホンセセリモドキ


DIARY Vol.12 (760): #04, 2018 :

今年は4月から仕事場を変えるので、今は残務整理に追われています。気が付いたら、いつの間にか「早春の蝶の季節」に入っていたのに驚きました。ウーム、書を捨てて野に出よう。ところで、長年愛用してきたキャノンのマクロレンズの調子が悪くて困っていたところ、嬉しいことにミルバスマクロレンズをいただきました。このMilvus 2/100mm Mはコシナとカールツァイスが共同開発したもので、DxOMarkというレンズ性能の評価サイトで、かなりのハイスコアをマークしています(特に解像度が高い)。しかし、そんなベンチマークよりも、このレンズを手に持った時の触感やフォーカスリングの絶妙な重さなどの感覚的な操作感に、何とも言えない質の高さを感じます。良いレンズとは、カタログ性能値ではなく「撮影者に撮る勇気を与えてくれるレンズ」なのです。
   
コブシの花

春になるとよく訪れる丘の小道にコブシの花が咲き始めていた。

d0090322_04502301.jpg
----コブシの花
----
(Mar-24-2018, Kofu, Yamanashi, Zeiss Milvus 100mm f2.0 Macro)



ミヤマセセリ

d0090322_04503964.jpg
d0090322_04505992.jpg
d0090322_04513427.jpg
----ミヤマセセリ
----
(Mar-24-2018, Kofu, Yamanashi, Sigma 15mm F2.8 Fisheye, Zeiss Milvus 100mm f2.0 Macro)

d0090322_04515256.jpg
----ミヤマセセリ雄
----
(Mar-24-2018, Kofu, Yamanashi, Zeiss Milvus 100mm f2.0 Macro)

d0090322_04521579.jpg
----ミヤマセセリ吸蜜
----
(Mar-24-2018, Kofu, Yamanashi, Zeiss Milvus 100mm f2.0 Macro)



ニホンセセリモドキ

d0090322_04523250.jpg
----ニホンセセリモドキ
----
(Mar-24-2018, Kofu, Yamanashi, Sigma 15mm F2.8 Fisheye)



Written by 虫林花山




Commented by ダンダラ at 2018-03-26 12:42 x
そちらでもミヤマセセリが出てきましたね。
いよいよ春ですね。
ミヤマセセリは枯れ葉とかスミレとかに止まるのが何といっても正当な感じですよね。
お仕事もいよいよ新しいスタートですね。
Commented by 虫林 at 2018-03-26 19:19 x
ダンダラさん
コメントありがとうございます。
もう春ですね。
3月で大学を退職し、4月からは東京で勤めることになりました。でも、自宅は今まで通りで、少し余裕ができるかなと思っています。
Commented by Sippo5655 at 2018-03-29 22:13
春が一気にやって来た・・・!!
そんな感じの今季ですよね。
東京ではツマキチョウも飛んでました。
連日気温が高いと、追いかけきれない^^;
ニホンセセリモドキ・・・
こんな蛾もいるんですね(◎-◎;)!!
先日は何年ぶりかにイカリモンガに出会えました。
残務処理、大変でしょうが頑張ってくださいね♪
by tyu-rinkazan | 2018-03-26 04:59 | ▣ミヤマセセリ | Comments(3)