山上の散歩道(1):アイノミドリシジミの輝きを撮る



DIARY Vol.12 (764): #08, 2018 :


<クリソゼフの輝き>
このところ時間が取れなくて、週末のフィールドに出ていなかった。昨日もパーティがあって帰宅が遅くなったが、この時期に家に蟄居するのは精神衛生上あまりよろしくない。そこで、避暑もかねて山の上に行くことにした。そこは毎年アイノシジミの姿を見ることができる。


アイノミドリシジミ

いつもオスがテリトリーを張るお気に入りのポイント。

待っていると、午前8時過ぎにやっと雄のテリ張りが始まった。高い枝先に静止するので、撮影は難しそうだ。そこで、場所を移動することにした。広いススキの草原の小道を歩ていると、何頭ものオスが翅を点滅させながら飛び回る姿を発見した。


d0090322_08540692.jpg
----アイノミドリシジミ♂の開翅
----
(July-01-2018, Kofu, Lumix DC-G9 + LEICA 50-200mm)


翅表の輝きは、見る角度で色が大きく変わる。室内でアイノミドリ♂の開翅標本をみると、緑色に輝くが、戸外の太陽光の下では青色になることが多いようです(構造色)。戸外でアイノの美しい緑色を撮影できるのは意外に難しい。今回は何とか緑色の輝きを撮ることができました。
d0090322_08541737.jpg
d0090322_08543261.jpg
----アイノミドリシジミ♂の開翅
----
(July-01-2018, Kofu, Lumix DC-G9 + LEICA 50-200mm)




Written by 虫林花山




Commented by yurinBD at 2018-07-02 11:59
冒頭のアイノミドリシジミの表翅、グリーンとブルーの複雑な色合いに輝いていて美しいですね!
緑色オンリーの輝きも綺麗です。
Commented by 虫林 at 2018-07-02 12:48 x
yurinさん
ありがとうございます。
羽の美しさを表現するのは難しいですが、とてもおもしろくもありますね。。
Commented by Sippo5655 at 2018-07-03 22:13
アイノミドリシジミは、こんなにも奥深い色合いの
翅なんですね・・・
私は、羽化直後の中途半端な状態の子を撮影したことが
一度だけ、、
その子は、全面グリーンでした。
ミドリシジミの仲間は、それぞれ色合いが異なる
宝石の輝き。
その違いは、ホストによるものなのでしょうか・・・?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2018-07-02 08:55 | ▣アイノミドリシジミ | Comments(3)

My Photographic Adventures


by 虫林花山
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31