人気ブログランキング |

20080210 御前崎散歩 (静岡県)

February 9th
§Diary§

3連休の初日の本日は、午後から雪の予定。
関西のある研究会からの依頼で、講演のために神戸に出張。

新幹線の窓から見ていると、雪は豊橋の手前で降り出し、特に名古屋、京都あたりで強く降っていた。
d0090322_16433489.jpg
雪の街

.
Snowy day
.
Olympus E-3, ZD50mm Macro, F5.0, ASA 200
(2008-Feburuary-09)

雪の影響で、虫林の乗った新幹線の新神戸着は20分ほど遅れた。まあ、たいしたことが無くてよかった。
講演終了後はパーティなどがあり、この日は神戸のホテル泊。

**************************************************

§Diary§
February 10th

午前6時40分の新幹線で、新神戸駅から静岡県の掛川駅に向かった。
御前崎灯台を訪れるためだ。
山梨に帰る道筋での途中下車の旅は楽しい。

もちろん、目的は灯台見学ではなく、タテジマカミキリというけったいな虫を探すためだ。御前崎灯台のあたりは静岡県の最南端に位置するので、食樹のカクレミノも多いはずだ。それに加えて、早出のモンシロチョウでも飛んでいたら良いのに。

加えて、御前崎灯台は、「悲しみも喜びも幾年月」という映画の舞台になったところだ。
この映画は、戦前・戦中・戦後の燈台守の夫婦と家族の生活と哀歓を叙情豊かに描いた作品で、佐田啓二と高峰秀子が演じている。

♪♪俺ら岬の 燈台守は 妻と二人で 沖行く船の 無事を祈って 灯をかざす 灯かざす-----♪♪
などと口ずさむと、歳がわかる。
d0090322_8415849.jpg
御前崎灯台

.
Omaezaki lighthouse
.
Ricoh GR-D, ASA 100
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)

d0090322_8421135.jpg
御前崎灯台

.
Omaezaki lighthouse
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)

d0090322_8422479.jpg
美しい海岸線

.
Beatiful Shoreline
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)


ここを訪れた第一の目的は、カクレミノの枝にしがみついて越冬するタテスジカミキリを見つけて撮影するためだ。灯台の周りには、予想したようにカクレミノの木はかなりあった。
しかし、目的のタテジマは見つからなかった。

いないのか?
いても見つからないのか?

そんな迷いが頭をよぎるが、考えて見れば、「いても見つけることができない虫はいないのと同じ」なのである。------気のする必要はない。

かなり気温が上がったので、ツチイナゴが足元から飛び立った。
さらに、タテハチョウの仲間も1頭ではあるが、飛び去った。
d0090322_8423752.jpg
ツチイナゴ

.
A grasshopper
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)


御前崎灯台の駐車場は、目の前にツバキの花が咲き、その花を目当てに、ひっきりなしにメジロが訪れていた。メジロは本当に花が好きな鳥だ。
d0090322_8424939.jpg
メジロ

.
white-eye
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)

d0090322_8431197.jpg
偶然に飛んだ逆光メジロ

.
white-eye
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA 200
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)


菜の花の咲く畑があった。
この花の黄色は見ているだけで暖かくなる。

本日は150mm(35mm換算300mm)Macroの練習も兼ねているで、色々な条件で撮影した。さすがに、実質300mmでは、背景がちゃんとボケてくれる。また、花の写真では、ライブビューも強力な助っ人になってくれた。
d0090322_8432331.jpg
菜の花

.
field mustard
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, F5.6, 1/1000, ASA 400
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)

d0090322_8433449.jpg
菜の花

.
field mustard
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, F5.6, 1/800, ASA 400
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)


水仙の花を下から見上げるようなイメージで、ライブビューを用いて撮影した。
d0090322_8435287.jpg
水仙

.
daffodils
.
Olympus E-3, Sigma 150mm, F6.3, 1/3200, EV-1.0, Macro, ASA 200
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)

d0090322_844494.jpg
水仙

.
daffodils
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, F3.2, 1/1600, EV+0.3, ASA 400
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)


ウバユリの枯花を背景の円形ボケを気にしながら撮影して見た。
d0090322_8444036.jpg
ウバユリ

.
lily
.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, F6.3, 1/649, ASA 400
(2008-Feburuary-10, Omaezaki, Shizuoka)

**************************************************

§Afterword§

出張の帰りに寄り道して、御前崎灯台の周りを散歩して見た。
本日はぽかぽかと暖かくて、もしかして、蝶の姿を拝めるかと思ったが、飛び去るタテハチョウを1頭だけ見かけたにとどまった。

残念ながらタテジマカミキリを見出すことができなかったが、ここはすこぶる気持ちのよい散歩道だった。関西への出張の時にまた立ち寄っても良いかなと思う。

来る春に備えて、冬の間に、写真の技術を磨きたいと思うのだが------。
Commented by kmkurobe at 2008-02-11 20:47
タテジマカミキリ残念でしたね。あの触角をぺったんこに揃えた姿がもう一度みたいものです。私はたしか秋口に出会ったと思うのですが、真冬の御前崎にいるのですね。
Commented by 虫林 at 2008-02-12 07:20 x
kmkurobeさん、
御前崎にタテジマカミキリがいるかどうかは分かりませんが、カクレミノがあったので、いても不思議ではありません。でも、見つけることができませんでした。秋口の方が良いかもしれませんね。
いつかぺったんコのタテジマを撮影してみたいです。
コメント有難うございました。
Commented by chochoensis at 2008-02-12 18:32
虫林さん、=御前崎=・・・かなり昔に1度だけ行ったことがありますが、もう記憶も薄れています・・・ボンヤリと思い出すだけですが、この写真で想いだしました・・・。ありがとうございます。メジロの逆光面白い姿ですね・・・。
Commented by fanseab at 2008-02-12 23:36
S社の150mmマクロはフォーサーズでは手頃なサイズの300mm相当レンズとなって使い勝手が良さそうですね。シーズンインしてからの画像に期待しております。
Commented by ダンダラ at 2008-02-13 08:54 x
休日の出張、ご苦労様です。
シグマの150mmは開放近くだときれいなボケですね。
メジロの写真とか、下から3枚目のスイセンなどを見るとあまり絞らない方が良いのかなと言う感じがしますが、実質300mmあると野外では楽そうで、これからの実戦が楽しみですね。

Commented by spatica at 2008-02-13 18:10 x
タテジマカミキリは残念でしたが一足早い春を感じられたようですね。
菜の花やスイセンの写真を見ていると、虫たちの動き始める季節が待ち遠しくなります。
Commented by 虫林 at 2008-02-13 21:52 x
chochoensisさん、
御前崎のこと、思い出していただければ幸いです。
灯台の周りを散歩するのはいいですよ。
メジロなどの鳥も、近くの枝などに飛び移るときは、あまり羽を開かないみたいですね。ピョーんと跳んだみたいでした。
Commented by 虫林 at 2008-02-13 21:58 x
fanseabさん、
仰るとおりで、S社の150mmマクロはフォーサーズでは、サンニッパ(300mmF2.8)の威力を示します。銀塩時代は、サンニッパは高価でしたので、手が出ませんでしたが、良い時代になりました。
少し大きくて重いのですが、何とか小生でも扱えそうです。
うまく撮影できれば良いのですが----。
Commented by 虫林 at 2008-02-13 22:01 x
ダンダラさん、
有難うございます。でも、この時期の出張は、ハイシーズンの時期よりは気楽にいけます(笑)。
仰るとおりで、このレンズは開放近くで使用するのが特徴が出るようですね。まだまだこれから色々と検討してみます。
Commented by 虫林 at 2008-02-13 22:05 x
spaticaさん、
カクレミノは20本以上は見たのですが、残念ながらタテジマは見つかりませんでした。多分、見逃したのかもしれませんが----。
本当なら、タテジマが棲息するのが分かっている下田辺りを探すのが良いとは思いますが、そこまでの元気はありませんでした。
いつかは撮影したいです。
御前崎の周辺は、花も多くて、気温も上昇したので、蝶が出現すると思いました。でも、ここではすでに梅も終わり、一足先に春になっていましたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tyu-rinkazan | 2008-02-11 08:59 | その他・雑 | Comments(10)