人気ブログランキング |

2007年 09月 23日 ( 1 )

先週末に訪れた河原に、再びやってきた。------------小さなシルビアにまた会うために。

河原から見上げる空に雲は遥か遠く、心細げに散立する潅木だけが、僅かな影を落としていた。
すでに、9月も半ばを過ぎたのに、広い河原を渡る風は、まだ夏の匂いを含み、ぎらつく日差しは衰えを知らない。歩き始めて間もないが、汗が額から頬をつたって落ちた。
ウーム、今日も暑い。
(本日の最高気温は33.2℃)
d0090322_1295123.jpg
。。シルビアの棲む河原

。。。Habitat of the lesser Grass Blue at riverside
。。。. Ricoh GR-D, ASA 100
。。。.(2007-September-21 , Yamanashi)

**************************************************

§静止 resting§

しばらく歩くと、濃いブルーの小型のシジミチョウが足元から飛び出した。チラチラと飛ぶ青いシジミを見失わないように注意していると、やっと葉上に静止してくれた。
急いで近寄り、カメラのファインダーを見ながら、紋の位置を確認すると、やはりシルビアシジミであった。
d0090322_1391244.jpg
。。シルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。A lesser grass blue resting on the leaf
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA100
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)


日差しが強くなると、シルビアは活発に雌を探して飛び回り、なかなか葉上に静止してくれなくなる。写真はミヤコグサの葉上に静止しているシルビアを撮影した。100mmマクロレンズは、絞り開放でもシャープな像を結んでくれる。
d0090322_5413349.jpg
。。シルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。A lesser grass blue resting on the leaf
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA100
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

**************************************************

§吸蜜 feeding§

この時期、河原の土手にツルボの花が多い。ツルボという花は、公家が参内するとき、従者がさしかけた長い柄の傘をたたんだ形と似ているので、参内草(サンダイグサ)という別名がある。

薄いピンクのツルボの花は、シルビアのお気に入りらしく、何度も吸蜜に訪れていた。
なるべく、ツルボの花を強調するために、絞りを開放にしてバックをぼかした。
d0090322_541522.jpg
。。。。。ツルボで吸蜜するシルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。。。。。。。。A lesser grass blue feeding on the flower
。。。。。。。。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA100
。。。。。。。。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)


草の間を透かした奥に、ミヤコグサの小群落があり、その黄色いマメ科の花にシルビアシジミが吸蜜に訪れていた。ミヤコグサはこのシジミの食草である。

シルビアシジミは、花の上に静止してしばらく動きを止めていたが、おもむろにストローを伸ばして吸蜜を始めた。シルビアのストローは細い。
d0090322_5421019.jpg
。。ミヤコグサで吸蜜するシルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。A lesser grass blue feeding on the flower
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA100
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)


土手の草原に咲くアカツメクサの花で、シルビアシジミが吸蜜を始めた。
d0090322_5422681.jpg
。。アカツメクサで吸蜜するシルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。A lesser grass blue feeding on the flower
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA100
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

**************************************************

§開翅 Opening the wings§

どういうわけか、♂の開翅はまだ未撮影だった。
本日、出会ったオスのシルビアは、葉上で静止すると、しばしば開翅してくれた。今まで撮影できなかったのが、不思議なくらいにあっけなく撮影できた。
d0090322_1323781.jpg
。。開翅するシルビアシジミ♂ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。A male of lesser grass blue resting with the wings opened
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA100
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)


♂の翅表は深いブルーで、薄い灰青色のヤマトシジミとは一目で区別できる。
シルビアのオスは用心深く、なかなか近寄らせてくれなかったが、何度目かのトライの末、やっと近接撮影に成功した。これだけ近接すると、ピントの合う幅(被写界深度)が浅くなり、翅全体にフォーカスがこないので、絞りを入れて撮影した。
d0090322_1325397.jpg
。。開翅するシルビアシジミ♂ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。A male of lesser grass blue resting with the wings opened
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm MACRO, ASA100
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

**************************************************

§飛翔 flying§

慣れてくると飛翔するシジミチョウがシルビアであるかヤマトであるかがわかるようになる。シルビアの特徴は、小型で、青が濃いことだ。飛翔スピードもヤマトに比べて遅いもの多いようだ。しかし、ツバメシジミには時々騙された。

探雌飛翔の時間になると、♂は結構広い範囲を活発に飛び回る。
d0090322_133793.jpg
。。飛翔するシルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。Flying feature of lesser grass blue
。。。. Pentax K10D, Sigma 18-50mm, ASA800
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

d0090322_1332299.jpg
。。飛翔するシルビアシジミ♂ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。Flying feature of a male of lesser grass blue
。。。. Pentax K10D, Sigma 18-50mm, ASA800
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

**************************************************

§交尾 Mating§

ハギの葉の上で、交尾しているシルビアシジミのカップルを見つけた。
先週も交尾個体を見つけたが、今週も出会ってしまった(昨年からは4度目)。
d0090322_1333853.jpg
。。交尾するシルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。Mating a pair of lesser grass blue
。。。. Pentax K10D, Sigma 18-50mm, ASA800
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

d0090322_1335188.jpg
。。交尾するシルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。Mating a pair of lesser grass blue
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm Macro, ASA800
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

**************************************************

§産卵 Egg laying§

ミヤコグサという名前は、京都にこの草が多かったためだという。花の形が烏帽子にも似ているので、エボシグサともいうらしい。いずれしても、ちょっと雅な印象を受ける草だ。

この土手には、シルビアシジミの食草であるミヤコグサがある。しかし、群落の大きさは決して大きなものではなく、かなり疎に散在している。。
d0090322_134634.jpg
。。ミヤコグサ L. corniculatus var. japonicus

。。。Feeding plant “L. corniculatus”
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm Macro, ASA800
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)


産卵シーンを撮影したくて、雌の後を追ってみた。ミヤコグサの上に静止したので、怪しいなと思っていたら、産卵してくれた。産卵するときは少しずつ動き回る。

産卵した葉を調べてみると、緑色の卵を見つけた。虫の目のセッティングで卵の拡大写真を撮影した。拡大してみると、面白い形態をした卵である(インサート)。
d0090322_651350.jpg
。。産卵するシルビアシジミ Zizina otis, The lesser Grass Blue

。。。A female of lesser grass blue laying an egg on the leaf
。。。. Pentax K10D, Pentax D-FA 100mm Macro, ASA800
。。。.(2007-September-22 , Yamanashi)

食草のミヤコグサで、シルビアの幼虫も探したが、残念ながら見つけることが出来なかった。

**************************************************

§Epilogue§

先週、訪れたこの場所は、自宅から車で30分の距離にある。
当初、知人の教えてくれたポイントだと思っていいたが、後日に場所の確認をとると、何と別な場所であることが判明した。
まさしく「棚ぼた」による発見であったと思う。2人ともとても運が良かったのだろうね。

先週、この場所でネットマン数人を見かけたが、彼らのネットワークでこの場所の情報がすでに流れてしまっているのだろうか? 
その後に、ネットマンの姿をこの場所で見かけていないので、少しほっとしているが----。

今回は他の場所の土手も散歩してみたが、シルビアと思われるシジミチョウを何箇所かで見ることができた。この場所以外でも局所的ではあるが、シルビアは生息しているみたいだ。

山梨のシルビアシジミは、個体数は少ないものの、他の場所でも棲息していることが確認できたことはとても嬉しいことだ。可憐なシルビアシジミが何時までも元気でいることを願っている。

(どんと晴れ)
by tyu-rinkazan | 2007-09-23 01:41 | ▣シルビアシジミ | Comments(24)