NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

2009年 03月 29日 ( 1 )

20090329 ミヤマセセリの小径 (山梨県)

Nature Diary #0245
Date: May 29th (Sunday), 2009
Place: Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Weather:fair



§ Diary §

里山では、山桜の花が淡いピンクの彩りを添え、コブシの花もすでに満開で茫々とした褐色の山肌に白いアクセントを加えている。芽生え時のパステルグリーンから夏色のダークグリーンに至るドラマティックな色彩の変遷は、何度経験しても、幾つになってもワクワクするものだ。

この時期にはフィールドを歩けるだけで嬉しい。

武田の杜の散歩道を歩き始めるとすぐ下にある広場では、桜の花が満開だった----春爛漫

d0090322_231620.jpg
桜 (3月29日、甲府市)

.
A peaceful landscape with cherry blossom
(Olympus E-510, ZD8mm + EC-14)



ミヤマセセリ; Spring flat

本日は野暮用があって遠出できない。
ならば、ミヤマセセリの翅裏面撮影のために武田の杜を再訪することにした。

武田の杜は他の場所よりもミヤマセセリの数が多いように思えるが、とくにこのセセリチョウが多い巡回コースを、虫林は「ミヤマセセリの小径」と名付けた-----勝手に名付けるなよ。

「ミヤマセセリの小径」に到着して歩きだすと、期待通りに次々と黒っぽいセセリが飛び出した。

d0090322_2332670.jpg
石の上で日光浴をするミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat basking on the stone.
( Olympus E-3, ZD8mm + EC-14)


ミヤマセセリ(ダイミョウセセリも)は翅を開いて静止するのが普通で、翅裏を撮影することは容易ではない。でも、このセセリは、翅を開いて静止した後に、翅を閉じることがあるのに気づいた。

そこで、目の前の枝先に静止したミヤマセセリを観察していると、しばらく翅を開いた後に期待通りに翅を閉じてくれた。

d0090322_2334726.jpg
枝先で静止するミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat resting on the top of branch.
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO,外部ストロボ)


さらに、近づいて翅裏を近接撮影した。

ミヤマセセリの翅裏には、濃い褐色の地に薄黄色の紋が並び、さらに良く見ると金粉のような粉が散りばめられている。また、春先に発生してくる蝶に共通する特徴だと思うが、ミヤマセセリもかなり毛深い。

d0090322_2371882.jpg
枝先で静止するミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat resting on the top of branch.
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO,外部ストロボ)


目の前に静止したミヤマセセリは、翅に良く目立つ大きな白い紋があった。
今年初めてお目にかかるメスだ。

d0090322_2381056.jpg
ミヤマセセリ♀ (3月29日、甲府市)

.
A female of Spring flat resting on the top of branch with the wings opened.
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)


蝶の多くではメスは地味な色彩でオスの方が派手で美しい。しかし、中にはオスよりもメスの方が美しい種類もある。ミヤマセセリもそんな蝶の一つだろう。

d0090322_2382534.jpg
ミヤマセセリ♀ (3月29日、甲府市)

.
A female of Spring flat
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)


d0090322_2383995.jpg
ジュウニヒトエの花で吸蜜するミヤマセセリ♀ (3月29日、甲府市)

.
A female of Spring flat feeding on the flower
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO)

d0090322_2385388.jpg
ジュウニヒトエの花で吸蜜するミヤマセセリ♂ (3月29日、甲府市)

.
A male of Spring flat feeding on the flower
(Olympus E-3, Sigma 150mm MACRO、外部ストロボ)


ミヤマセセリの飛翔写真は難しい。黒っぽくて小さい上に、飛び方が非常に不規則で動きを予測しがたいからだ。撮影には外部ストロボを併用した。

d0090322_239976.jpg
ミヤマセセリの求愛飛翔 (3月29日、甲府市)

.
Courtship flight of Spring flats
(Olympus E-410, ZD8mm + EC-14,外部ストロボ、外部ストロボ、トリミング)

d0090322_2392431.jpg
ミヤマセセリの求愛飛翔 (3月29日、甲府市)

.
Courtship flight of Spring flats
(Olympus E-410, ZD8mm + EC-14,外部ストロボ、トリミング)

d0090322_2393984.jpg
ミヤマセセリの飛翔 (3月29日、甲府市)

.
Courtship flight of Spring flats
(Olympus E-410, ZD8mm + EC-14,外部ストロボ、トリミング)

**************************************************

§ Afterword §

今週も武田の杜を散歩した。

チョウの撮影では、翅をいかに開かせるかを工夫することが多い。今回はそれとは逆で、翅を閉じた状態の撮影が課題になった。何とか撮影でき、今回の目的を達する事ができたが、翅裏撮影の難易度はミヤマセセリよりもダイミョウセセリの方が高そうだ。


ウーム、今年もそろそろギフチョウに会いたくなった。



以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2009-03-29 23:25 | Comments(26)