人気ブログランキング |

2010年 03月 14日 ( 1 )

Nature Diary #0311
Date: March 14th (Sunday), 2010
Place: Kofu-shi, Yamanashi Pref.
Weather: fine



§ Diary §

天気が良いのでフランチャイズの「武田の杜」をうらうらと散歩した。

本日の目標は、「里山の春の使者;ミヤマセセリチョウだ。
もう3月も半ばになるので、そろそろ会えるかもしれないな。


いつもの場所に車を駐車して、コナラ林の中の小径に歩を進めた。

コナラの林は一見まだ冬の風情だが、吹く風は優しく陽の光は暖かい。この時期は初めは肌寒く感じても、しばらくすると汗が滲んでくるので、レイヤードには気を使う。

d0090322_2243924.jpg
コナラ林の散歩道

.
Walking path in oak woods
Olympus EP-1, M-ZD M-Zuiko 14-42mm, ASA200
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)



テングチョウ; European Beak

越冬明けのテングチョウたちは、春の陽だまりで翅をひろげて日光浴をしていた。

彼らは他のチョウが目に入るとそれを自分のテリトリーから追い出すために飛んでいく。彼らにとって必死な行為なのだろうが、2頭がクルクル回りながら飛んでいるとどこか楽しそうにも見える。

d0090322_22263780.jpg
日光浴をするテングチョウ

.
An European Beak basking on the stone with the wings opened.
Olympus EP-1, M-ZD M-Zuiko 14-42mm, ASA200
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)


テングチョウは「道先案内人」にように飛び出しては少し前に静止する。

歩いていると飛び立つのでその存在がわかるが、翅を閉じて枯葉の中に静止していると、まるで「枯葉化けの術」でも使ったように全くわからない。

d0090322_2264035.jpg
翅を閉じたテングチョウ(枯れ葉化け)

.
An European Beak resting on the dry leaf with the wings closed.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)



ミヤマセセリチョウ; Spring Flat

早春の里山の風情を楽しみながらゆっくりと歩いて行くと、少し先で黒っぽいチョウが飛び出した。テングチョウよりも小さい-------どうやらミヤマセセリだ。

ミヤマセセリは今年の初見

そのチョウの飛ぶ軌跡に目を凝らして見ていると、幸いなことに10mほど先の枯葉に静止してくれた。-----里山の春の使者に今年も会えた。

d0090322_2265374.jpg
ミヤマセセリ

.
A male of Spring Flat resting on the dry leaf.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)

d0090322_227553.jpg
ミヤマセセリ

.
A male of Spring Flat resting on the dry leaf.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)



スジボソヤマキチョウ; Lesser Brimstone

色も褪せて尾羽打ち枯らしたスジボソヤマキチョウは哀れをさそう。

d0090322_2272052.jpg
スジボソヤマキチョウ

.
Lesser Brimstone
Olympus EP-1, M-ZD M-Zuiko 14-42mm, ASA200
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)

d0090322_2273350.jpg
スジボソヤマキチョウ

.
Lesser Brimstone
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)



ヒオドシチョウとルリタテハ;

コナラ林の小径では、ヒオドシチョウやルリタテハも見かけた。
どうやら、越冬明けのチョウが一気に現れたみたいだ。

d0090322_2274721.jpg
ヒオドシチョウとルリタテハ

.
Tortoiseshell and Blue Admiral.
Olympus E-3, Sigma 150mm Macro, ASA400
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)




モンキチョウ; Pale Clouded Yellow

本日は天気が良いので、帰る前に菜の花が咲く畑に立ち寄ってみた。

d0090322_22815.jpg
モンキチョウ

.
Pale Clouded Yellow
Olympus EP-1, M-ZD M-Zuiko 14-42mm, ASA200
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)


モンキチョウは時々飛来しては吸蜜しているが、飛ぶスピードが結構速い。オリンパスE-3に8mm広角レンズ、1.4倍のテレコンの組み合わせで、久し振りに飛翔写真に挑戦してみた。

チョウを追って駆け回るとすぐにハフハフになってしまう-----日頃の運動不足を反省。

d0090322_2281318.jpg
モンキチョウの飛翔

.
Pale Clouded Yellow
Olympus E-3, EC-14, ZD8mm Fisheye, ASA400
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)

d0090322_2282720.jpg
モンキチョウの飛翔

.
Pale Clouded Yellow
Olympus E-3, EC-14, ZD8mm Fisheye, ASA400
(2010-March-14, Kofu-shi, Yamanashi)


**************************************************

§ Afterword §

今回のフィールド散歩では、コナラ林でミヤマセセリ5頭以上、テングチョウ20頭以上、スジボソヤマキチョウ5頭、ヒオドシチョウ2頭、ルリタテハ1頭、キチョウ1頭、キタテハ数頭を見ることができた。早春のチョウたちが出そろったみたいだね。


先日(3月10日)に雪が積もったので、ミヤマセセリはこの数日で羽化してきたのだろうか。早春の里山を代表する蝶の一つなので、その姿をみるととても嬉しい。


3月10日の雪景色を下に出しておこう<春の雪>。

3月9日から10日にかけて雪が降った。3月に雪を見ることは少なくないが、これだけの積雪は久し振りだった。その雪はとても重くて、自宅の庭木が2本も倒れた。倒れた木はいずれも常緑の針葉樹で、葉に着いた雪の重さに耐えきれなかったのだ。

d0090322_1563417.jpg
3月10日の雪景色(甲府市内)

.
Spring snow



今月はしばらくの間忙しくなる----3月19ー30日まで学会出張(ワシントンDC-東京-京都)。
こんな良い時期にフィールドに出ることができないのは残念だが、仕事なので仕方がない。



以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2010-03-14 22:17 | Comments(24)