NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

2011年 05月 27日 ( 1 )

台湾散歩2:ウラフチベニシジミなど

Nature Diary #390

台湾はすでに梅雨入りしてしまった。まあ、訪台の目的が蝶の撮影ではないので、雨が降ってもあまり気にならない(ウソをつけ)。そんな雨模様でも、曇り空の下であれば何とか蝶を見ることができた。


» ウラフチベニシジミ; Heliophorus epicles

ウラフチベニシジミは東南アジアに広く分布し、ここ台湾でもどこでも見ることができるシジミチョウだ。この蝶は普通種だが、翅裏が紅色に縁どられた明るい黄色(黄金色?)でとてもグッドルッキングだ。この蝶は以前に何度も出会っているのだが、出会うたびにその美しさに胸がときめく。

ウラフチベニシジミはその名前が示すようにベニシジミ亜科に属しているが、尾状突起も長くて日本のベニシジミとはずいぶんと雰囲気が違う。さらに日本のベニシジミは♂と♀の色彩が良く似ているが、ウラフチベニではまるでゼフィルスのように♂♀の斑紋が異なる。ベニシジミの仲間は意外に奥が深そうだな。

d0090322_231055.jpg
占有行動を示すウラフチベニシジミ (福山部落、5月22日)
.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400

d0090322_2312296.jpg
ウラフチベニシジミ♂ (福山部落、5月22日)

.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400

d0090322_2313644.jpg
ウラフチベニシジミ♀ (福山部落、5月22日)

.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400




» ルリマダラ; Two-brand Crow, Euploea sylvester

少し標高が高い場所では、日本のヒヨドリバナのピンクの花が咲いていて、曇天にも関わらずルリマダラを初めとするマダラチョウの仲間が吸蜜に訪れていた。ルリマダラは迷蝶として沖縄でもときどき記録されているようだが、土着までには至っていないようだ。メキシコのオオカバマダラと同様に、このルリマダラの仲間は台湾南部で集団越冬するのが有名だ-----何時か見てみたいと思う。

d0090322_2315072.jpg
吸蜜するルリマダラ (陽明山、5月22日)
.
Canon EOS 60D, Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, ASA400

d0090322_232942.jpg
ルリマダラ飛翔 (陽明山、5月22日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, ASA800

d0090322_2322446.jpg
ルリマダラ飛翔 (陽明山、5月22日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, ASA800




» タイワンアサギマダラ; Parantica swinhoei

アサギマダラが沢山いた。でも、良く見ると日本でも見るアサギマダラとともにそれより小さくて、胴体の部分が橙色のタイワンアサギマダラが混在していた。初めは両種の区別が良くわからなかったが、慣れるとそれほど難しくない。

d0090322_2323839.jpg
タイワンアサギマダラ (福山部落、5月22日)
.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400

d0090322_2325033.jpg
タイワンアサギマダラ (陽明山、5月22日)

.
Canon EOS 60D, Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, ASA800




» アサギマダラ; Parantica sita

d0090322_233359.jpg
アサギマダラ (陽明山、5月22日)
.
Canon EOS 7D, EF 300mm F4L IS USM, ASA400




» 台北の街角;

現在の台北は101ビルなど大きな建物が並び、数年前(5年前かな?)に訪れた時に比較すると隔世の感がある。それでも、夜になると夜店が立ち並び、それを見ながら散歩する市民でにぎわっていた。この夜店を歩くと、臭豆腐の匂いが服について少し困った。

この時期の台湾では、夜になっても少し蒸し暑く(マレーシアほどではないが)、歩くと汗がにじみ出た。

d0090322_2331724.jpg
d0090322_2333226.jpg
台北市 (5月22日)
.
Canon EOS 60D, Sigma 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM, ASA800



§ Afterword §

今回は雨も降ってしまったので、蝶の写真はあまり撮影できなかった。でも、梅雨時なのであまり贅沢をいっても仕方がないだろう。台湾は蝶もさることながら、そこに住む人々との交流が嬉しい。今回も学会関係以外に色々な方に親切にしていただいた。近い将来また訪れてみたいと思う。

まだ他にも撮影した蝶は少しあるが、機会があれば(気が向けば)供覧したいと思います。
台湾散歩は一応終了。


以上、 by 虫林花山

by tyu-rinkazan | 2011-05-27 23:05 | Comments(6)