NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

2012年 01月 11日 ( 1 )

20120108 湘南の散歩道:ムラサキツバメなど

Nature Diary #429

「成人の日」は、実家のある神奈川県の海辺の町に向かった。

下の写真は「烏帽子岩」。

子供の頃、いつか烏帽子岩にわたってやろうと思っていた。中学生になった夏のある日、友達と一緒にゴムボートでやっとその岩に上陸することができた。ところが、帰りは潮の流れが意外に速くて、ボートが流されてしまい、なかなか岸に戻ってくることができずに難儀した。今思えば、バカなことばかりしていたよな。

もちろん、当時もそれなりに悩みはあったけれど幸せな日々だった。

d0090322_0175250.jpg
凧上げする少女と烏帽子岩 Landscape of seashore in Shonan

Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400 (神奈川県、1月9日)



神奈川の Daron さんから実家の近くのムラサキツバメのポイントを教えて頂いた。

残念ながら、ピンポイントではその場所を絞り込むことができなかった。でも、ムラサキツバメはこの辺りで広く棲息しているはずなので、とにかくマテバジイが混在する雑木林を探索してみることにした。

嬉しいことに、探し始めて間もなく枯葉の傍で静止しているムラサキツバメを見つけることができた。

d0090322_02044.jpg
枯葉に静止するムラサキツバメ♀  The Powdered Oakblue

Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400 (神奈川県、1月9日)



風が無い陽だまりでは、一頭のムラサキツバメが飛び回っていた。

何とか見失わないようにしっかりと目で追っていると、シュロの幼木の葉上に静止して翅を開いた。色彩からは♀であることがわかる。多くのチョウでは、メスはオスよりも地味な配色だが、ムラサキツバメのメスは適度な大きさの青紋を配し、艶やかでチャーミングにみえる。

d0090322_0201651.jpg
開翅するムラサキツバメ♀  The Powdered Oakblue

Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400 (神奈川県、1月9日)



写真を見ると、翅の両端に青い小さな紋(矢印)がみえる。これまで撮影したムラツのメスの写真をみても、このような紋はお目にかかったことは無い。この個体だけの特徴なのだろうか?

d0090322_0203066.jpg
開翅するムラサキツバメ♀  The Powdered Oakblue

Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400 (神奈川県、1月9日)



さらに、もう一頭のムラサキツバメが物陰から飛び出して廃木に静止。
こちらはまだ新鮮で尾状突起も長くしっかりしている。

d0090322_0212525.jpg
静止するムラサキツバメ  The Powdered Oakblue

Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400 (神奈川県、1月9日)

d0090322_0213739.jpg
静止するムラサキツバメ  The Powdered Oakblue

Canon 7D, EF 100mm F2.8L Macro IS USM, ASA400 (神奈川県、1月9日)



帰りは、相模湖から中央道にのって甲府の家に帰宅した。

このコースを通るときには、必ずといってよいほど相模湖近くのイタリアレストラン「ドリームファーム」に立ち寄ることにしている。とにかく、このレストランのピザ(マルゲリータ)は美味だ。

d0090322_0215158.jpg
イタリアレストラン「ドリームファーム」  Dream Farm

Ricoh GXR, S10, ASA100 (神奈川県、1月8日)



§ Afterword §

蝶の成虫撮影には厳しい季節になりました。

でも、、神奈川の海辺に近い場所ではまだムラサキツバメが飛び回っていたのには少し驚きました。これからは月に一度くらいの頻度で高齢の両親の顔を見に行く予定だが、その時には、近くでチョウの撮影もできたらうれしいなと思う。

ムラツポイントをご教示いただいたDaronさんに感謝します。





以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2012-01-11 00:24 | ▣ムラサキツバメ | Comments(18)