人気ブログランキング |

DIARY Vol.10 (667): #29, 2015 :  

ブリスベンにお住まいのOさんと「ブリスベン植物園」を訪問した。
この植物園は広いがよく整備されている(整備され過ぎているかも)。


日本庭園のタテハチョウ

公園内には日本庭園もあった。
ツツジなどの花が咲き乱れ、池の周りに松も植えられていた。
「和」の雰囲気を上手に表現していて、訪れる人も多い。

小道脇の茂みに綺麗なタテハチョウを見つけた。
日本庭園だからといって日本のチョウではない。
れっきとしたオーストラリアの国籍を有するプロソペキマダラタテハだ。
プロソペの模様、色彩はデザイン的にも好みだ。

d0090322_0353746.jpg
d0090322_036072.jpg
---- プロソペキマダラタテハ-Cupha prosope

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD8mm, MZD12mm)



ガランピマダラチョウ

あまり見たことがないマダラチョウがふわふわと飛んでいた。
ガランピマダラチョウというらしい。
ここでは普通種のようで、ところどころで見かけた。

d0090322_0363257.jpg
---- ガランピマダラチョウ-Euploea core

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD12mm)



ナミエシロチョウ

この公園内では高い木の梢を何頭も飛び回っていた。

d0090322_037413.jpg
---- 飛翔するナミエシロチョウ-Appias paulina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)


Deliasかなと期待したのだが、どうやらナミエシロチョウ。
しばらく見ていると降りてきて日光浴した。

d0090322_038294.jpg
d0090322_0382012.jpg
---- ナミエシロチョウ♂(上)と♀(下)-Appias paulina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)

d0090322_0385085.jpg
---- 吸蜜するナミエシロチョウ-Appias paulina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



カザリシロチョウ

樹上にはナミエシロチョウとともに違う種類のシロチョウも見かけた。

静止すると黒いが、飛翔すると黒と白が点滅するようで綺麗だ。
このチョウはスミゾメカザリシロチョウという名前だ。
カザリシロチョウの仲間はデリアス(Delias)と呼ばれ人気が高い。

スミゾメカザリシロチョウは翅が破損しているものが多く見られた。
多分、この時期は発生器の終盤なのだろうか。

d0090322_0393488.jpg
---- 静止するスミゾメカザリシロチョウ-Delias nigrina

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



カクモンシジミチョウ

東南アジアに行くとカクモンシジミを時々見かける。
今回も何気ない道路脇の草むらを飛んでいた。

このチョウのシマウマ模様は特徴的-----シマウマシジミという名前が良いかもね。

d0090322_04029.jpg
---- カクモンシジミ-Leptotes plinius

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



セセリチョウの一種

d0090322_040254.jpg
---- セセリチョウ-Wanderer

-----(Australia, 05/June/2015、Olympus OM-D E-M1, MZD40-150mm)



🔍虫眼鏡ノート

ラミントン国立公園は標高が高く気温も低かったので、チョウたちはとても少なかった。まあ、南半球は冬なので仕方が無い。でも、標高が低いブリスベン市内では、日中の最高気温は20℃を越えるのでそれなりチョウたちの姿を見ることができた。

オーストラリの記事はあと1回アップする予定です。


Written by 虫林花山


by tyu-rinkazan | 2015-06-15 00:42 | ●Australia | Comments(6)