NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

カテゴリ:▣オナガシジミ( 2 )

20110206 真冬の散歩道

Nature Diary #0370
Date: February 06 (Sunday), 2011
Place: Yamanashi
Weather: Fine




<思い出のカメラ>

冬の間だけでも少し整理しないと。

そこで、戸棚を嫌々かたずけていたら、懐かしい 「古いハッセル」 を見つけた-----嬉しくて整理中止 (相変わらず堪え性が無い)。

このカメラは、英国(ケンブリッジ)に滞在した時に、キングスカレッジに面した King's palade の小さなカメラ屋(Cambridge Camera Exchange)で購入したものだ。もう20年も前になる。かなりくたびれたセコハン(中古)だったが、一応ハッセルブラッド50周年記念モデルだ。

カメラには露出計が内蔵されていないので、撮影する時には、まずカメラを三脚に固定、構図を決定し、フイルムを巻き、単体の露出計で露出を計ってシボリとシャッター速度を決め、ミラーを上げ、やっとシャッターボタンを押す----といった一連の所作を儀式のようにやる。

今のデジカメからすると、恐ろしく面倒だが、一枚一枚しっかりと撮影できたのも事実だ。

d0090322_2016573.jpg
古いハッセルブラッド 500C/M

.
A old camera, Hasselblad 500C/M. I got it in Cambridge, UK.
.





§ Diary §

富士宮市に行く途中、精進湖の湖面が凍結していた。

例年だと、この時期の精進湖の周りの道には雪があってなかなか近づき難い。でも、今年は雪がほとんど降っていないので、湖畔近くまで車を乗り入れることができた。雪は降ったら降ったで困りものだが、全く降らないのも少し心配になってくる。

富士山と精進湖の風景

d0090322_20185016.jpg
凍結した精進湖と富士山

.
A landscape of freezed surface of the lake Shoji and Mt. Fuji.
.
Olympus E-3, ZD12-60mm, ASA200
(Yamanashi, Jan-21-2011)



氷が融けた湖面には、ワカサギ釣りの小舟が数隻出ていた。

d0090322_201932.jpg
凍結した精進湖とワカサギ釣りの小舟

.
Several fishing boats in the Lake Shoji
.
Olympus E-3, ZD12-60mm, ASA200
(Yamanashi, Jan-21-2011)




オナガシジミの越冬卵; 
Overwintering eggs of the Walnut Hairstreak


昨年、オナガシジミを撮影したクルミ林に立ち寄ってみた。
木の梢を手で引き寄せて、越冬卵を探してみると、簡単に2卵を見つけることができた。

d0090322_20191653.jpg
オナガシジミの越冬卵

.
Two overwintering eggs of the Walnut Hairstreak found in the branch.
.
Olympus E-3, ZD8mm Fisheye, EC-14, ASA200
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)



枝をロープで止めて、三脚にカメラをセットして撮影してみた。

越冬卵を100㎜マクロで撮影するのは容易ではなかったが、何とか見れる写真が数枚撮影できた。写真は20%程度をトリミングしている。

d0090322_20193190.jpg
オナガシジミの越冬卵

.
Overwintering eggs of the Walnut Hairstreak
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400, Flash(+)
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)




ヒサゴゴミムシダマシ;
Mealwarm,Misolampidus rugipennis


八ヶ岳の林の中で、半分地面に埋もれた朽木を見つけた。中がフレーク状になっていたので、手斧で崩してみたら、ヒサゴゴミムシダマシが出てきた。このゴミムシダマシはとても立派で格好が良いと思う。後翅は退化して飛ぶことができない。

本来、「ひさご:瓢」とは、ヒョウタンの中身を取り去った容器のことを呼ぶ。たしかに、この甲虫は瓢箪形をしている。ヒョウタンゴミムシダマシというわけだ。

苔の生えた木の上に移動させて撮影した。

d0090322_20194664.jpg
朽木の中で越冬していたヒサゴゴミムシダマシ

.
An overwintering Mealwarm, Misolampidus rugipennis, found in the ecaying log
.
Olympus E-3, ZD8mm, EC-14, ASA400
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)

d0090322_20195887.jpg
朽木の中で越冬していたヒサゴゴミムシダマシ

.
An overwintering Mealwarm, Misolampidus rugipennis, found in the ecaying log
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400, Flash (+)
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)




ヤノナミガタチビタマムシ; Trachys yanoi

ケヤキの樹皮下で、寄り添うように越冬しているヤノナミガタチビタマムシを見つけた。この虫の大きさは数ミリ程度なので、トリミング拡大した。

d0090322_20201248.jpg
ヤノナミガタチビタマムシ

.
Trachys yanoi
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)




ベニヒラタムシ; Cucujus coccinatus

ベニヒラタムシも見られた。何度見ても鮮やかな赤色のエリトラが美しい。
樹皮下を這って、そこに棲む幼虫を食べているハンターなのだ。

d0090322_20202444.jpg
ベニヒラタムシ

.
Cucujus coccinatus
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)




ルリビタキ;
Siberian bluechat, Tarsiger cyanurus


林の中でのんびりと休んでいたら、ルリビタキの♀がやってきた。このメスは全く恐れることを知らず、休んでいる虫林の周りを飛び回ってくれた。
全て100㎜マクロレンズで撮影できた。ルリビタキはとてもかわいい。


ルリビタキはオスの方が、翅が瑠璃色で美しいが、メスも可愛いものだ。
でも、小鳥のメスに好かれてもね~----贅沢言うんじゃない!

d0090322_2020401.jpg
幹に静止するルリビタキ♀

.
A female of Siberian bluechat perching on the tree trunk.
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)

d0090322_20205474.jpg
枝に静止するルリビタキ♀

.
A female of Siberian bluechat perching on the tree branch.
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)

d0090322_2021993.jpg
急降下するルリビタキ♀

.
A female of Siberian bluechat swooping down on the ground.
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)

d0090322_20212232.jpg
地面で餌を探すルリビタキ♀

.
A female of Siberian bluechat searching insects on the ground.
.
Canon 7D, EF100mm Macro, ASA400
(Kobuchizawa, Yamanashi Pref., Feb-6-2011)




なんじゃもんじゃの木; Nanjamonja

「なんじゃもんじゃの木」という名前の木は、日本国中にあるようで、とくに関東地方で多いらしい。ここの「なんじゃもんじゃの木」は、「両面桧」 というもので、通常の桧の葉では、粉がついて葉裏が白っぽくみえる。この両面桧では、その粉が少なくて裏表があまり差がないということらしい。実際、観察してみたら、多少は少ないようだが、あまり差が----。

d0090322_20213982.jpg
なんじゃもんじゃの木

.
Nanjamonja tree
.
Olympus E-3, ZD8mm Fisheye, EC-14, ASA400
(Yamanashi Pref., Feb-6-2011)


**************************************************

§ Afterword §

今週は時間が出来たので、フィールド散歩をした。
今年は雪が少ない(ほとんど無い)ので、山での散歩がとても楽で良い。


春はもうすぐだ。





以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2011-02-06 20:38 | ▣オナガシジミ | Comments(8)

20070103 ゼフ越冬卵シリーズ2 (オナガシジミ)

今の世の中、門松も無ければ、正月飾りを飾る家も少ない。
テレビ番組では、どの局でもお笑い芸人によるドタバタ番組。
昔、ジョーンバエズという歌手が「花はどこいった」という曲を歌っていたが、虫林は「正月はどこいった」という曲でも作曲しようかな。
なにはともあれ、平和で安全な日本であってほしいと祈るばかりだ。

**************************************************

本日は冬休み最後の日。
何しろ、この正月休みの間にウェイトがかなりオーバーになってしまったので、散歩でもしなければ-------。
以前から気になっていたカシワの木がある甲府北部の山にいってみよう。

カシワの下枝でハヤシミドリの越冬卵でもないかと探してみたが、残念ながら見つけることはできなかった。帰る道すがら、オニグルミの枝をみたらまたオナガシジミの越冬卵を見つけた。

Gyoromeで、手持ち撮影。
トリミングが大きいと画質が荒れるので、前回よりも少し控えめにしてみよう。
オナガの突起は繊細で面白い。



◆オナガシジミの越冬卵◆
d0090322_2333248.jpg
= Ricoh Caplio GX8, Fit gyorome-8, ASA 64, Panasonic PE28S、トリミング =




◆オナガシジミの越冬卵拡大◆
d0090322_2335646.jpg
= Ricoh Caplio GX8, Fit gyorome-8, ASA 64, Panasonic PE28S、トリミング =



<追加掲載>

まあ、これくらいが手持ち撮影の限界で、これ以上は実体顕微鏡が簡単でよいだろう。
1個の卵が付いた枝を持ち帰ったので、参考までに、実体顕微鏡で撮影したオナガシジミの卵を掲載しておく。
この卵は、取り扱いが雑だったようで、どうやら表面の突起が崩れてしまったようだ。しかし、結構見れる写真にはなった。もう少し斜めから撮影したほうが良かったかもしれない。
虫林の研究室の実体顕微鏡には撮影装置が無いのでGX8を接眼レンズに押し当てて撮影した。



◆オナガシジミの越冬卵拡大(実体顕微鏡写真)◆
d0090322_15372689.jpg
= Ricoh Caplio GX8=



gyoromeは拡大レンズとしてもなかなか良いが、やはりコンデジにつけて、オートで簡単に虫の目レンズ画像が撮影できる「虫の目レンズ」として使用するのが気楽で良いだろう。
それ以上の越冬卵の拡大は、やはり実体顕微鏡が簡単でよい(当たり前の話だが)。

それにしてもゼフの卵の形態は魅力的だ----------、キラキラと輝く透明感がたまらない。
by tyu-rinkazan | 2007-01-03 23:07 | ▣オナガシジミ | Comments(18)