NATURE DIARY

tyurin.exblog.jp

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

20180121 河原の散歩道:モンキチョウが飛んだ

DIARY Vol.12 (758): #02, 2018 :

朝晩は寒いけど日中は気温が上がって暖かくなった。そこで、昼食後に自宅裏を流れる荒川の河川敷を散歩することにした。実はここに居を構えた理由の一つが、この河川敷の散歩道の存在だった。でも、最近は整備されすぎてしまい、綺麗ではあるが味気なくなってしまったな。

梅の花が咲いた
日当たりの良い梅の木では、蕾が膨らみポツポツと花が咲いていた。

d0090322_22264493.jpg
----梅の花
----
(Jan-14-2018, Kofu, Canon EOS M6+EF-M 18-150mm Macro)



モンキチョウ初見
歩いていると、突然足元からモンキチョウが飛び出した。
1月21日のモンキチョウ初見は僕のレコードになる。

d0090322_22272450.jpg
----モンキチョウ
----
(Jan-21-2018, Kofu, Canon EOS M6 + EF-M 18-150mm)



ミスジチョウの越冬幼虫
昨日、昆虫写真家の山口 進さんの家の近くでミスジチョウの越冬幼虫をみつけた。山口さんによれば、ここのミスジチョウは最近見ていないそうなので、かなり少ないのだろう。

どこにいるかわかるかな?
d0090322_22280983.jpg
----ミスジチョウの越冬幼虫
----
(Jan-14-2018, Kofu, スマホ)



Written by 虫林花山




by tyu-rinkazan | 2018-01-21 22:29 | ▣モンキチョウ | Comments(3)

20180114 木枯らしの散歩道:フユノハナワラビとフユシャクなど

DIARY Vol.12 (757): #01, 2018 :

寒波到来。寒がりでレイジーな虫林だが、今年は拙ブログ「Nature Diary」をしっかり更新したいと思っているので、お昼近くになって市内の愛宕山を散歩することにした。この時期の散歩の目的は、昆虫や植物探しよりも気分転換や健康維持のほうにシフトせざえるをえない。

木枯らしと氷
風にあおられて木の葉がたくさん舞っていた。

d0090322_18195369.jpg
----木枯らし
----
(Jan-14-2018, Kofu, Canon EOS M6+EF-M 28mm Macro)


日陰では霜が降り、氷が張っていた。
d0090322_18200479.jpg
d0090322_18201339.jpg
----霜と氷
----
(Jan-14-2018, Kofu, Canon EOS M6+EF-M 28mm Macro)



フユノハナワラビ
細い道に沿って歩いて行くと、斜面にフユノハナワラビを見つけた。
この植物は、ワラビという名前が付いているが、食用にはならない。
冬緑性のシダの仲間で、秋に芽生えて春に枯れるというヘンテコリンなシダ。

日本大百科全書によれば、ヨーロッパでは古くから霊草とされ、魔女が月夜にこれを摘んで呪術(じゅじゅつ)に用いたり、錬金術師がこの草の力を借りて水銀を純銀に変えたりすると考えられていた。冬に青々とした葉をつけるこのシダはどこか神秘的なのかもしれないな。
d0090322_18202492.jpg
d0090322_18203620.jpg
----フユノハナワラビ
----
(Jan-14-2018, Kofu, Canon EOS 5D-MIII6+EF100mm Macro, M6 + EF-M 28mm Macro)



フユシャク♀
桜の幹でイチモジフユシャクのメスを見つけた。
d0090322_18204903.jpg
d0090322_18205855.jpg
----フユシャク雌
----
(Jan-14-2018, Kofu, Canon EOS 5D-MIII6+EF8-15mm Fisheye, M6 + EF-M 28mm Macro)



アカボシゴマダラの越冬幼虫
道端のエノキの幼木の枝にアカボシゴマダラの越冬幼虫の姿。アカボシゴマダラは数年前まで分布していなかったが、最近は常連さんだ。外来種なので、少し割り切れない気もするが、これも自然の姿なのだろう。
d0090322_18212131.jpg
d0090322_18213107.jpg
----アカボシゴマダラの越冬幼虫
----
(Jan-14-2018, Kofu, Canon EOS 5D-MIII6+EF100mm Macro)



Written by 虫林花山




by tyu-rinkazan | 2018-01-14 18:23 | ■野花 | Comments(1)

20180101 謹賀新年;虫林大賞 

謹賀新年 :

昨年中は拙写真と駄文にお付き合いいただき真に有難うございました
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



▊第12回虫林大賞 2018

<大賞>

イエローバンドと綺麗なカタクリの組み合わせを撮影するのは難しいものだ。この写真はやっと撮影できたイエローバンドのカタクリ吸蜜。魚眼レンズに ストロボハイスピードシンクロさせている。

d0090322_01442552.jpg
d0090322_01353334.jpg



<次点>

朝、エノキの葉に降りていたウラナミシジミ。珍しく富士山が綺麗に見えたので、富士山バックで撮影できた。蝶と富士山の大きさのバランスが難しかったな。
d0090322_00515690.jpeg
----ウラナミアカシジミ
----
(June-3-2017, Yamanashi, Canon EOS M6, EF28mm Macro)


<甲虫部門>

d0090322_00523631.jpg
----ダイコクコガネ
----
(Oct-18-2017, Nagano Canon EOS 5D M-III, EF8-15mm)

d0090322_00534419.jpg
d0090322_00541358.jpg
----タイタンオオウスバカミキリ
----
(March 2017, French Guiana, Canon EOS 5D M-III, EF8-15mm)


<一般昆虫部門>

d0090322_01112183.jpg
----ハチを運ぶアリ
----
(May-8-2016, Yamanashi, Canon EOS M6, EF100mm F2.8L IS USM)



皆様のご多幸をお祈り申し上げます



Written by 虫林花山

by tyu-rinkazan | 2018-01-01 01:19 | ■撮影機材ほか | Comments(7)

20180101 謹賀新年;虫林大賞 

謹賀新年 :

昨年中は拙写真と駄文にお付き合いいただき真に有難うございました
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



▊第12回虫林大賞 2018

<大賞>

何年も白馬村に通ってやっと撮影できたイエローバンドのカタクリ吸蜜。
魚眼レンズでストロボのハイスピードシンクロさせた。

d0090322_00505514.jpeg
----ギフチョウ(イエローバンド)のカタクリ吸蜜
----
(May-14-2017, Hakuba-mura in Nagano


<次点>

朝、エノキの葉に降りていたウラナミシジミ。
d0090322_00515690.jpeg
----ウラナミアカシジミ
----
(June-3-2017, Yamanashi, Canon EOS M6, EF28mm Macro)


<甲虫部門>

d0090322_00523631.jpg
----ダイコクコガネ
----
(Oct-18-2017, Nagano Canon EOS 5D M-III, EF8-15mm)

d0090322_00534419.jpg
d0090322_00541358.jpg
----タイタンオオウスバカミキリ
----
(March 2017, French Guiana, Canon EOS 5D M-III, EF8-15mm)


<一般昆虫部門>

d0090322_01112183.jpg
----ハチを運ぶアリ
----
(May-8-2016, Yamanashi, Canon EOS M6, EF100mm F2.8L IS USM)



皆様のご多幸をお祈り申し上げます



Written by 虫林花山

by tyu-rinkazan | 2018-01-01 01:19 | ■撮影機材ほか | Comments(0)

20180101 謹賀新年;虫林大賞 

謹賀新年 :

昨年中は拙写真と駄文にお付き合いいただき真に有難うございました
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



▊第12回虫林大賞 2018

<大賞>

何年も白馬村に通ってやっと撮影できたイエローバンドのカタクリ吸蜜。
魚眼レンズでストロボのハイスピードシンクロさせた。

d0090322_00505514.jpeg
----ギフチョウ(イエローバンド)のカタクリ吸蜜
----
(May-14-2017, Hakuba-mura in Nagano


<次点>

朝、エノキの葉に降りていたウラナミシジミ。
d0090322_00515690.jpeg
----ウラナミアカシジミ
----
(June-3-2017, Yamanashi, Canon EOS M6, EF28mm Macro)


<甲虫部門>

d0090322_00523631.jpg
----ダイコクコガネ
----
(Oct-18-2017, Nagano Canon EOS 5D M-III, EF8-15mm)

d0090322_00534419.jpg
d0090322_00541358.jpg
----タイタンオオウスバカミキリ
----
(March 2017, French Guiana, Canon EOS 5D M-III, EF8-15mm)


<一般昆虫部門>

d0090322_01112183.jpg
----ハチを運ぶアリ
----
(May-8-2016, Yamanashi, Canon EOS M6, EF100mm F2.8L IS USM)



皆様のご多幸をお祈り申し上げます



Written by 虫林花山

by tyu-rinkazan | 2018-01-01 01:19 | ■撮影機材ほか | Comments(0)