人気ブログランキング |

Nature Diary #417

今回は日韓合同セミナーのために韓国に飛んだ。

近頃、ドラマの影響なのかそれとも俳優や歌手が良いのかわからないが、僕の周りに韓国好きな女性が何人もいる。僕自身は韓国ドラマも見ていないので、彼女たちが何故それほど韓国を好むのかが今一つ理解できないでいる。ただ、時代は変わったな-----と思う。

韓国を訪れるのは何年振りだろう。久しぶりで訪れた韓国の町で、以前と違う何かを探した。
とにかく何かが変わったようにも思えるが、それが何なのかは良く分からない。
多分、それはソウルという街が持つ空気感なのかもしれない。人の心と風景はリンクするのだ。

d0090322_23445661.jpg
ソウル (韓国、10月28日)

.
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ASA 800


韓国の街角を歩くとハングル語にいつも戸惑う。看板の全てがハングル語なので、どんなお店なのかも地名もわからないからだ。でも、ここは日本ではなく外国なんだと認識すれば、戸惑うことは当たり前。

外国に来ると、何気ない街角でさえも興味深く感じてしまう。

d0090322_23211461.jpg
ソウルの街角 (韓国、10月28日)

.
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ASA 800


ソウルのような大都市でも少し細い路地に入ると、親しみに満ちた庶民的な光景が見える。
やはり、僕は路地裏の風景が好きだ。

d0090322_23212954.jpg
ソウルの街角 (韓国、10月28日)

.
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ASA 800


ソウルからKTXという新幹線で1時間ほどの距離にあるデジョンという町を訪れた。
デジョンの駅前にならぶ木々はすでに黄色く色づき、穏やかな秋の陽射しをあびて輝いていた。

思えば遠くに来たものだ。

d0090322_23214344.jpg
デジョン駅前 (韓国、10月29日)

.
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ASA 800


日本と韓国との合同カンファレンスが開かれた。
ヒトとの出会いは大切にしなければならない。

散歩する時間もないので、パーティ会場のホテルの窓からデジョン市内を撮影してみた。

d0090322_23215777.jpg
デジョンの夜 (韓国、10月29日)

.
Canon 7D, Sigma 17-70mm, ASA 800


§ Afterword §

久しぶりの韓国行だったが、いわゆる弾丸旅行になってしまった。それでも、仕事の関係者とはいえ韓国の友人たちとゆっくりと話が出来ただけでも嬉しかった。今まで海外では強引に時間をつくり、フィールド散歩を行ってきたが、今回はそんな時間的な余裕もないほどタイトなスケジュールだった。


話は変わるが、作家「北杜夫」氏が亡くなった。

今思えば、「どくとるマンボウ昆虫記」は、当時中学生だった僕を大いに刺激してくれたものだ。そこで、本屋に走り、もう一度「どくとるマンボウ昆虫記」を読み返してみた。すると、そこには今読んでも当時と変わらない虫屋の世界が素晴らしくも美しい文章で表現されていた。虫屋でしかわかない雰囲気、虫屋でしか理解できない気持ち、虫屋の価値観を彼と共有できたことに感謝する。

心からのご冥福を祈る。



以上、 by 虫林花山
by tyu-rinkazan | 2011-10-30 23:30 | Comments(6)